石嶺香織(かおり)市議の学歴や経歴!Facebook炎上の内容は?

森友学園問題やら南スーダンに派遣されている陸自施設部隊の撤収、金正男氏の一連の事件やら、

朝から晩まで連日のようにTVで報道されていますよね。

 

全く違う問題ですから一緒くたにしていけないことは重々承知しているのですが、連日のように報道されていることから「飽きた」って方も多いようで。

気持ちはわかります・・・私も若干飽きかけていますから^^;

 

ただ、国内の問題に関してはしっかりと目を逸らさずに注視していかないといけないですよね。

 

そんなことを考えつつ、ネットニュースに目を通していたら、

沖縄県宮古島市議のフェイスブックが炎上

とのニュースが。

 

「石嶺かおり(香織)」という市議がなにやらわけわかんないことを言っていたようで・・・。

ちょっと意味がわからないんですが、どんな内容か見ていきましょう!

<スポンサーリンク>

石嶺香織(かおり)市議のFacebook炎上理由

沖縄県の宮古島市議が自身のフェイスブックに「自衛隊員が来ると島で婦女暴行事件が起きる」などと投稿し、炎上。「自衛隊全体を批判しているわけではない」と再度投稿し、謝罪したものの「戦争のための軍隊という仕組みに対して(批判した)」との部分に再び批判が殺到、市議は2つの投稿を削除した。

 この市議は石嶺香織市議(36)。9日に1度目の投稿がされた。内容は「海兵隊からこのような訓練を受けた陸上自衛隊が宮古島に来たら、米軍が来なくても絶対に婦女暴行事件が起こる。軍隊とはそういうもの。沖縄本島で起こった数々の事件がそれを証明している」というもの。

 石嶺市議は「宮古島に来る自衛隊は今までの自衛隊ではない。米軍の海兵隊から区連を受けた自衛隊なのだ」として、陸上自衛隊がカリフォルニアでの演習に参加した際の写真を添付。

 さらに「私の娘を危険な目にあわせたくない。宮古島に暮らす女性たち、女の子たちも」と結んだ。

引用:産経新聞

 

↑の引用記事は3月12日の産経新聞(ネット版)から。

 

簡潔にまとめますと↓

沖縄県の宮古島市議である「石嶺香織(かおり)」が、自身のFacebookで、

「自衛隊員が来ると島で婦女暴行事件が起きる」と投稿し非難が殺到、

すぐに謝罪したものの、「戦争のための軍隊という仕組みに対して(批判した)」との部分に再び批判が殺到、当該投稿を削除

このような流れです。

 

石嶺香織(かおり)市議のFacebookはこちらです↓

現在、投稿した内容が全て閲覧できないようになっており、

カバー画像のみ閲覧可能となっています。

 

別人のFacebook?とも思ったのですが、画像や基本情報から本人と思われます。

削除されたと見られる当該投稿2記事は「3月11日」に投稿されていたようですね。

 

端的に言いまして「そりゃ炎上するわ」と。

 

考え方、主義思想はそれぞれあって然るべきですが、根拠のない誹謗中傷するような輩に市議の資格があるのかなぁ・・・と私は思いますがね。

この「石嶺香織(かおり)市議」ってのはどんな人なんでしょうかね?

<スポンサーリンク>

石嶺香織(かおり)市議の学歴や経歴!

画像引用:https://www.facebook.com/photo.php?fbid=424519501085509&set=a.119359441601518.1073741828.100005823876281&type=3

石嶺かおり

生年:1980年 36歳

出身:福岡県

学歴:筑紫女学園高等学校卒業→大阪外国語大学入学(中退)

職歴:豊能障害者労働センターで4年間勤務

現在36歳の石嶺香織(かおり)市議。

2008年に宮古上布を学ぶため宮古島に移住し、工房、織物組合などで学んでいたそうです。

 

2017年1月の市議補選で初当選されたばかりなのですが、

公約内容が

陸上自衛隊配備反対・地下水を守ること

 

陸自配備に反対するママたちを中心に「てぃだぬふぁ 島の子の平和な未来をつくる会」を結成。共同代表でもあります。

 

お子さんが3人いて、5歳と2歳の男の子、10か月の女の子だそうですね。

今回の件は、

「陸自配備反対ということ」と「市議になりたて」ということで、血気盛んに物を言ったということですかね・・・。

ともあれ、「酷い言いがかり・物言い」としか思えない内容。

 

行き過ぎた「言葉狩り」は好きではありませんが、これはアウトでしょ。

個人的には辞職レベルだと思いますがね。

 

ではでは最後までご覧いただきありがとうございましたm(__)m

<スポンサーリンク>