メッテマリット王太子妃(ノルウェー)の息子や過去!日本との関係は?

画像引用:www.royalcourt.no/seksjon.html?tid=28435&sek=27259

ノルウェー王太子妃・メッテマリットの過去がすごい!

皆様どもです!puraです!

 

TVで何度か取り上げられている方なのですが、

 

メッテマリット

 

という方をご存知でしょうか?

 

正確にいうと

メッテ=マリット・ヒェッセム・ホイビー(Mette-Marit Tjessem Høiby)

という舌を噛みそうなお名前なのですがね^^;

 

現ノルウェー王太子ホーコン・マグヌスのお嫁さん・・・

 

つまり

ノルウェー王太子妃

ということですね。

 

「王太子妃?皇太子妃じゃないの?」

って思う方もいるかもしれませんが、王族の世継ぎは「王太子」なんです。

 

日本は「天皇・皇族」ですから「皇太子・皇太子妃」となります。

 

・・・っと脱線しましたが、

メッテマリット王太子妃というと、メディアで取り上げらる度に、

ホーコン王太子との馴れ初めや壮絶な過去がその度に話題になります。

 

今回は王太子との馴れ初めや過去の話をまとめたいと思います!

<スポンサーリンク>

メッテマリット王太子妃のプロフィールや過去・息子について

出生 1973年8月19日(43歳)
ノルウェーの旗 ノルウェー、クリスチャンサン
配偶者 ホーコン王太子
子女 マリウス
イングリッド・アレクサンドラ
スヴェレ・マグヌス
父親 スヴェン・ホイビー
母親 マーリット・ヒェッセム

出典:Wikipedia

メッテマリット王太子妃の過去でクローズアップされることと言えば

薬物・シングルマザー

ですね。

 

王太子妃という肩書きからは想像できないと思いますが、

実に波乱万丈な人生を歩まれてきました。

 

幼い頃に両親が離婚し母に育てられたのですが、生活はかなり荒れていたようです。

薬物に手を染めたこともあるくらいの荒具合だったわけですが、24歳の時に当時交際した男性の子供身ごもります。

ただ、その交際男性はあろうことかメッテマリットを捨ててしまいます。

 

ここまでは・・・よく聞くような話ですが、ここからのメッテマリットが凄いんです!

シングルマザーになる決意をして、長男・マリウスを出産、そして薬物を完全に経ち、育児しながら飲食店で働き、猛勉強して「オスロ大学」へ入学します。

このオスロ大学というのはノルウェーの最高学府で、世界大学ランキングで100位に入ったこともある大学です。

 

息子のために、自分のために、身を粉にして頑張った甲斐があったってことですね( ;∀;)

 

ちなみにメッテマリットを捨てた男性は薬物常習者ということで程なく御用となり、服役することになりますw

・・・天網恢恢疎にして漏らさず。

 

めでたくオスロ大学に入学したメッテマリットはロックフェスティバルで出会った男性と意気投合し、程なくして恋人関係となります。

その相手が「ホーコン王太子」なんです!

 

これがまた熱愛でしてね( ^∀^)

 

シングルマザーであるメッテマリットを受け入れ、

ホーコン王太子はオスロ市内にアパートを借り、メッテマリット・マリウスと共に3人で同棲生活を開始します。

 

ノルウェーでは恋人同士が同棲するのは普通のことなのですが、王位継承者の恋愛で、しかも相手はシングルマザーなわけですから、このことは大きく報道されることになりました。

 

その後メッテマリットの過去が明らかになると王室の批判にも発展していき、

90%もあった王室支持率が68%まで急落したそうです。

 

その後、ホーコン王太子の父母である国王夫妻は「この結婚を認める」と正式に発表し、支持率は43%まで低下します。

 

それでもホーコン王太子はメッテマリットと一緒になるんです><

 

2000年11月に正式に婚約を発表し、国民に向けて会見を行います。

 

そこでメッテマリットは、過去の不祥事を告白、謝罪することになるのですが、涙ながらに懸命に話す姿と、王太子の「彼女と結婚するため王位継承権放棄まで考えた」という発言にノルウェー国民は感動し、二人の婚約を祝福する方向へと変わっていきました。

 

かっこよくないですか??

ホーコン王太子は王位継承権放棄も考えたんですよ!!

 

こんなん漫画の中の話でしょ??

 

この会見を機に支持率は80%代まで復活し、2001年8月25日にオスロ大聖堂で成婚されました。

 

その後二人の間には

2004年にイングリッド・アレクサンドラ(女児)、2005年にはスヴェレ・マグヌス(男児)が誕生。

ノルウェーの憲法では「男女の区別なく第1子が王位継承権第1位となる」ので、イングリッド・アレクサンドラが将来ノルウェー初の女王となります。

 

ホーコン王太子の子ではないマリウスはロイヤルファミリー入りはできなかったのですが、

王室ホームページの集合写真にはちゃんと写ってるんです^^

➡️ノルウェー王室ホームページ

 

そういったところに、ノルウェー王室の優しさが垣間見得ますよね!

そりゃ支持率も高いわけです^^

 

ちなみにマリウスはイケメンに成長してまして、

その甘いマスクも話題になっていますよ〜!

出典www.hola.com

現在19歳~20歳なのですが、

ノルウェーは18歳で成人となるので、すでに成人済みですね!

 

噂通りのイケメンですね^^

 

では、最後に

メッテマリット王太子妃と日本の関係について

語らせていただきます!

<スポンサーリンク>

メッテマリット王太子妃と日本の関係

実はノルウェーでは日本の皇后陛下・美智子様がとても人気なんですよ!

 

その人気の高さの理由に

メッテマリット王太子妃が関わっているんです。

 

それは2005年に天皇皇后両陛下がノルウェーに訪問された際の歓迎式典でのこと。

➡️宮内庁・天皇皇后両陛下ノルウェーご訪問

 

この歓迎式典の公式責任者はメッテマリット王太子妃。

オスロの王室前広場で行われるこの式典が公式責任者デビューだったのですが、

天候は風雪厳しい悪天候。しかも雹まで降っていました。

 

式典関係者は皆ビショビショになりながら式典に参加されていたのですが、

第2子を身籠っているメッテマリット王太子妃をかばうようにされている美智子様の姿が報道されたんです。

 

この報道はノルウェー国民に大きな感銘を与えることになったそうです。

 

心が温まるエピソードですよね。

 

 

さてさて、いかがでしたでしょうか?

 

現代のシンデレラとも言われるメッテマリット王太子妃。

そんな彼女のエピソードでした。

 

最後までご覧いただきありがとうございましたm(__)m

<スポンサーリンク>