パシージョの意味や画像は?クラブワールドカップのレアルが話題に!

   

クラブワールドカップ2016でレアルがパシージョを?

皆様どもです!puraです!

 

今年も残すところ僅かとなりましたね〜

だいぶ寒い日も増えてきましたし、外に出るのが億劫になることもしばしば^^;

 

冬の空気って凛としていて好きなんですがね・・・動きが鈍くなってしまいます( ´Д`)

 

冬のスポーツもだいぶ本格化してきましたし、冬スポーツ好きな筆者としましてはお家でぬくぬくスポーツ観戦ってのに幸せを感じています。

 

そういえばサッカーも冬のスポーツですよね〜

 

高校サッカーの全国大会もそうですし、クラブワールドカップも12月。

 

「サッカーはなんで冬スポーツなの?」って誰しも思うことだと思いますが、

一説によると"欧州では「秋に始まり春に終わる」という文化だから夏は休む"だから冬スポーツなんだとか。

言われてみれば、欧州の学校って9月スタートが多いですし、それこそ文化の違いなんでしょうね。

 

さてさて、そんなサッカーの"クラブナンバー1"を決める大会「クラブワールドカップ」の決勝戦ですが、かなり盛り上がりましたよね〜!!

 

日本のクラブチームで初めて決勝まで進んだ鹿島アントラーズがギャラクシー軍団・レアル・マドリードと対戦したまさに日本サッカー史に残る一戦となったわけですが、

手に汗握る試合展開、本当に素晴らしい試合でした。

 

結果、レアル・マドリードが優勝という形で幕を閉じたクラブワールドカップですが、

 

"パシージョ"という言葉が話題になっているのをご存知でしょうか?

 

パシージョとは一体なんなのか?どんな意味があるのか?

 

などなどを調べてきましたよ(๑╹ω╹๑ )

<スポンサーリンク>

表彰式でレアルが健闘を讃えパシージョ!

 

表彰式の際、レアル・マドリードが鹿島アントラーズの選手に対して通り道(花道)を作ったのですが、それを”パシージョ”と言うんだそうです。

パシージョ(pasillo)

スペイン語で"廊下"という意味。

スペインのサッカーリーグ”リーガエスパニョーラ”では、大会(主にリーグ)の優勝(勝利)チームが準優勝(負けた)チームに敬意を評して行う儀礼であり礼賛

 

相手の健闘を称えるという意味合いが強いようですね。

➡️参考画像

 

私自身、パシージョという言葉を知りませんでしたが、意味を知って改めて嬉しく思いました。

あの銀河系軍団が日本のクラブチームの健闘を讃えたんですから^^

 

レアルが圧倒していたとはいえ、結果延長まで縺れた試合となったわけですし、形式のみのパシージョでは無いということも試合後のレアルの選手・監督インタビューでも感じました。

 

パシージョ・・・素敵な儀礼ですよね♪( ´▽`)

<スポンサーリンク>

世間の反応は?

 

主審がイエローカードを引っ込めたり、ちょっと厳しいジャッジもあったりしましたが、本当に素晴らしい試合だったと思います^^

 

個人的に印象に残っているのは、試合後の柴崎選手の悔しそうな顔です。

 

レアル相手に2点決め、一躍世界から注目を集めた柴崎選手ですが、試合前にも世界と日本との差について語っていましたし、その思いの強さを感じました。

 

その悔しさを、W杯の最終予選でぶつけてほしいです!

そして、鹿島アントラーズの選手の皆さん、本当にお疲れ様でした!!

<スポンサーリンク>

 - スポーツ