PPAPのロングバージョン!2番の歌詞は?他の曲も気になる!

      2016/11/16

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-28-21-25-07出典:avex.jp/pikotaro/

PPAPのロングバージョンが発表!

皆様どもです!puraです!

 

まさかここまでのムーブメントになるとは全く思っていなかった

「ピコ太郎・PPAP」

 

私がピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」を知ったのは

9月20日でした。

 

ファミレスで仕事の打ち合わせをしていた時に、隣の席の高校生が

「アッポーペン!」「パイナポーペン!」と意味不明の言葉で爆笑していて、

ネットで検索して初めて「ピコ太郎」の存在を知ったんです。

翌日、友人からのツイートに動画が埋め込まれていて、それで初めて「PPAP」を観ました。

 

なので、

ブレイク前にちょっと早く知ったって位ですね。

 

その後、実際にYouTubeで動画を見たのが9月22日。

その時の動画再生数は62万再生でした。

 

その時点で伸び率は凄かったんですが、9月28日に一気に爆発します!


Twitterフォロワー数8913万人のジャスティス・ビーバーが紹介したことがキッカケで、一気に加速していきます。

 

その後の活躍は周知の通りですが、約1ヶ月で世界的なアーティスト(?)になったピコ太郎氏。

ピコ太郎氏についての情報はこちらをご覧くださいね!

➡️ピコ太郎の正体は古坂大魔王!本名や経歴は?日本で一番面白い?

 

週間再生数世界一・国内6000万回再生・世界累計再生4億回!!

 

まさに世界が変わったピコ太郎氏ですが、

このままだと「世界的な一発屋」として終わってしまうんじゃない??

って声もちらほら聞こえてきたり。

 

・・・一発当てるだけでも凄いとは思いますが、

ピコ太郎氏は次の一手を考えていたようです!

 

10月28日・日本外国特派員協会に呼ばれて記者会見を行い、

そこで「 PPAPロングバージョン」を発表しました!!

<スポンサーリンク>

PPAPロングバージョンを発表!

こちらが公式動画の「PPAPロングバージョン」です!

通常の「ペンパイナッポーアッポーペン」が1分8秒

今回の「ペンパイナッポーアッポーペン『ロング』バージョン」2分40秒

 

倍以上ですね!

 

楽曲そのもののテイストは変わっていませんが、

変更点は

イントロが長くなった

ダンスが変わった

間奏・2番が追加された

 

ってとこでしょうね!

 

特に解説はいらないと思うのですが、

2番の歌詞・・・というかセリフを^^;

<スポンサーリンク>

PPAPのロングバージョン・2番の歌詞!他の楽曲は?

さてさて、2番の歌詞ですがこのようになっていますね。

I have a pen

I have a pen

(ah)Long pen

 

I have a apple

I have a pineapple

(ah)Apple-pineapple

 

Long pen  Apple-pineapple

(ah ah ah) Penpineappleapplepen

Penpineappleapplepen

引用:PPAP(Pen-Pineapple-Apple-Pen Official)”LONG” ver. ペンパイナッポーアッポーペン「ロング」バージョン/PIKOTARO(ピコ太郎)

 

1番と同じように、ペンとアップルとパイナップルの組み合わせですね。

正直なところ、語感というか響は1番の方が圧倒的に良いと思います^^;

 

耳にすんなり残る1番に比べると「う〜ん」とは思いますが、

1番ありきで製作されているのでしょうし、そこは好みの分かれるところでしょうか??

 

ちなみピコ太郎さんは「PPAP」以外にも、

 

NEO SUNGLASSES(ネオ・サングラス)

Romita Hashimikov(ロミータ・ハシミコフ)

KASHITE KUDASAIYO

The Theme Song of PIKOTARO(ピコ太郎のテーマ)

 

などの楽曲が動画として上がっています。

気になる方はこちらをご覧ください!

➡️ピコ太郎オフィシャルサイト

 

PPAPは公開1日で10PV達成しており、まだまだ人気は衰えていないご様子!

アメリカビルボードランキング100以内にランクインした最も短い曲としてギネス世界記録に認定されたことが発表されましたし、

今後どのような活躍をしていくのか見守っていきたいと思います!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

<スポンサーリンク>

 - ピコ太郎, 芸能・音楽