真昼の悪魔3話の感想やあらすじ!芳賀が怪しい?葉子の過去も明らかに!

画像引用:tokai-tv.com/mahirunoakuma/

真昼の悪魔3話!葉子の闇が深くて怖い!

皆様どもです!puraです!

 

真昼の悪魔の3話をご覧になりましたか??

 

まぁ・・・葉子のサイコっぷりが更にクローズアップされてましたね^^;

 

「火の粉」でお馴染みの「音楽バッツリ」がこれでもかと使われていて、

視聴者を煽る煽る(笑)

 

第3話では徐々に「裏の顔」なんかも見え始めて、ドラマの展開としても楔になるような回でしたね!

 

あらすじや感想なんかを書き綴っていきたいと思います!

<スポンサーリンク>

真昼の悪魔3話の感想やあらすじ!

教会の懺悔室で父親の殺害を予告した葉子(田中麗奈)は、連日父の徳広(村井國夫)のために料理を作るように。ある日、葉子が台所で料理をしていると、徳広が何気なくつぶやく。「今度の土曜、母さんの命日だな」。葉子の目がカレンダーをじっと見据える。

 

 一方、葉子にそっけなく扱われた大塚(大倉孝二)は、診察室にまで押しかけ猛アタック、再びデートに誘う。するとそのデートの最中、大塚のライバルで実業家の宮島(原田龍二)が声をかけてきた。宮島は美しい葉子に興味を持った上、大塚を挑発して去っていく。後日、大塚が宮島を殴っている動画がネットに出回った。宮島の挑発に乗った自分自身に落ち込む大塚を慰めるように、葉子は食事の約束をする。しかし大塚が待ち合わせ場所に行くと、葉子の隣にいたのは……。

 

病院では手術を控えた難波(中村蒼)を励ますように芳賀(篠原篤)が話の相手をしていた。執刀医が葉子であることに不安を抱く難波の前で、芳賀は今まで病院内で起きている事件の推理を披露。しかも葉子を疑っているのではと指摘され気持ちが落ち着かない難波だったが、結局葉子に説得されて手術同意書にサインをしてしまう。

 

 母親の命日の日、葉子は大塚を家に招く。すると普段とは別人のように威厳を持った徳広が現れた。身だしなみを整え、父親として娘の恋人に向き合う徳広の姿に、葉子は意外な表情を見せる。そして大塚が帰った後、夕食を作ろうと台所でスープ鍋の前に立った葉子は、あるものの入った容器を手にして…。

引用:tokai-tv.com/mahirunoakuma/story/

 

「大塚」というキャラクターの人間性を更に浮き彫りにする「実業家の宮島」という存在は今話の配役MVPと言っても過言ではないように思いました。

年末に観た原田龍二とは全然違って・・・と思ったらまた裸で(笑)

 

原田龍二さんの役者として幅の広さを感じました。

 

 

第3話の構成としては

「葉子の過去」

がメインとなってましたね。

 

幼少期にいじめられていたこと、誘拐を目撃していたのに黙っていたこと、母親の死

 

冒頭のポトフのレシピでカレー粉が出た瞬間Twitterではかなりザワついてましたね(笑)

 

大塚とのシーンでの葉子は、ただただサイコ&ドSですが、父とのシーンでは多少なりとも心の交流を感じることはできました。

 

親に毒を盛るつもりでいたにもかかわらず、父の病状急変での慌て方や心配の仕方は本当に父を思ってのことでしょう。

 

ただ、その思いというのは

「乾いた心に痛みを感じてみたい」

「罪悪感ってどんな気持ち?」

これを味あわせてくれる唯一の人間が「実の父しかいない」と思っていたからこそなんですよね。

 

形はかなり歪ではありますが、

父の存在=人としての良心がギリギリ残っていた

ってことを、ラストシーンのお煎餅&TV漫才&笑いで感じました。

 

父親とTVを観ているシーンと同じ漫才師がTVに写っていたわけですが、

父と一緒に観ているときは特段反応していない葉子が、父が亡くなって一人で煎餅を食べながらTVで同じ漫才をみて歪に笑っている様子を観て、

「もうダメだなこれ」って思った方も多かったのではないでしょうか?

 

 

「我慢なんて必要ない、自分に正直に生きればいい」

 

父との最後の会話の中でこう言われた葉子ですが、まぁ・・・臨終の淵にいる父に「神様にあったら言って。私の娘は悪魔だって」と言ってしまっている時点でなんとなく察せますよね^^;

 

3話の中で最も印象的だったやり取りは

 

「お母さんには何もしていないよ」

「安心した」

 

 

ですね。

 

カレー粉に毒物を混ぜることもなんとなくわかっていたようですし、父はやはり心のどこかでそういう思いを持っていたのだな・・・と。

 

そして、若干空気と化していた難波ですが、

最後の震えは芳賀から何かを言われたor見せられたからですよね??

 

おそらく葉子と父のやり取りを盗み聞いたor見たようにも思うのですが、

2話から少しずつ「醸し出して」いたように、芳賀の表情ってのがかなり印象的ですよね〜。

 

特に印象的だったのは「退屈」そうな表情。

 

これは今後の物語のキーになっていく部分になると思いますが、

「葉子の悪魔の所業」と「芳賀」が今後どう交わっていくのか・・・本当に楽しみです!

<スポンサーリンク>

 第3話の世間の感想は?


3話を持って完全に覚醒体へと進化した感がある「葉子」。

葉子の表情に当てている音楽が秀逸すぎて、もはや貞子みたいなイメージですよ–;

 

そして田中麗奈さんの表情の一つ一つが怖すぎて・・・もう「なっちゃん」の頃の田中麗奈を思い出せませんw

 

ここから、難波がどんどん追い詰められていくわけですが、

どのように葉子が追い詰めていくのか?そして芳賀の立ち位置はどうなっていくのか?

 

4話が今から楽しみです!

 

ではでは最後までご覧いただきありがとうございましたm(__)m

<スポンサーリンク>