笑う招き猫のキャストやあらすじ!原作との違いもチェック!

画像引用:www.excite.co.jp/News/photo_news/p-6487862/

実写映画&ドラマ化「笑う招き猫」のキャストやあらすじは?

低調だったTVドラマも昨今は割と人気が復活しつつあるように思う今日この頃。

 

特に2016年秋ドラマは好調でしたが、共通して言えることは

“ストーリー+役者の魅了+α”がしっかりと噛み合った

ってことのように思えます。

 

逃げ恥なら+αは”恋ダンス”、校閲ガールなら”ファッション”でしょうかね。

 

昨今の情報発信はSNSやTwitterですし、そういったコミュニケーションツールとマッチしたというのもヒット理由の一つのようにも思います。

まさかアメリカ大使館の職員が恋ダンスを踊るとは思いませんでしたけどね^^;

 

ともあれ、ドラマが面白いとTVそのものが盛り上がりますし、

「今日は○○があるから早く帰ろう!」って思えるような作品に出会えるというのはとっても幸せなことのように思います (๑╹ω╹๑ )

 

さて、2017年冬ドラマも好調な作品が多いですが、

スタート前で個人的に楽しみにしているドラマ&映画があるんです!

 

松井玲奈・清水富美加 主演

“笑う招き猫”

です!

 

清水富美加さんの大ファンなので、それだけで視聴確定なのですがね^^;

 

この作品は3月にドラマ・4月に映画というちょっと変わった形での放送&放映となります。

続編なのかどうなのかはまだわかってないのですが、作りは全く別物になるとのことで。

そこらへんも気になるところですが、もっと気になるのは“原作”があるってことなんです。

 

・・・なんで気になるのか?ってことも含めて、

キャストやあらすじや原作について書き綴っていこうと思います!

<スポンサーリンク>

笑う招き猫の原作とあらすじ

“笑う招き猫”は山本幸久(やまもと ゆきひさ)さんの作品で2004年1月に発刊されました。

 

もともと「アカコとヒトミと」というタイトルだったのですが「笑う招き猫」に改題しています。

この作品で第16回小説すばる新人賞受賞し作家デビューされました。

ちなみに山本幸久さんの他の作品にはアカコとヒトミがちょくちょく出てきます^^

 

あらすじをご紹介しますと、

アカコとヒトミは28歳の女漫才師コンビ

小劇場の片隅で、常連客に向けて漫才を披露する毎日を送る2人は、ある日いつもネタ合わせをしている河川敷で、ヒトミの自転車を盗もうとしている中学生を捕まえる。

そこから、初めてテレビのバラエティー番組出演が決まったり、番組出演をきっかけに大学時代の旧友と再会したり、漫才師として売れる兆しが見えてくるが、とある事件をきっかけに新たな展開が訪れる

引用:news.livedoor.com/article/detail/12605557/

 

性格も体型も出自も全く違うアカコとヒトミが女漫才師コンビとして夢に向かって奮闘する青春小説ですね。

原作小説はこちら↓

 

山本幸久さんの「天晴れアヒルバス」を読んだ時にアカコとヒトミが出てきてニンマリした思い出があります^^

 

さて、原作を読んだ方はお分かりかと思いますが、

アカコとヒトミの体型と松井玲奈さん・清水富美加さんの体型の特徴がだいぶ違うんですよね^^;

 

そこらへんについて、なんと原作者の山本幸久さんがコメントを出されているんです!

キャストや原作との違いを含めてご紹介したいと思います!

<スポンサーリンク>

笑う招き猫のキャストや原作との違い!

 

現在発表されているキャストは

高城ヒトミ:清水富美加さん 

本田アカコ:松井玲奈さん

のみですね。

 

他のキャストは発表され次第追記していきたいと思います。

 

さてさて、原作との違いについてなのですが、

原作では

高城ヒトミ(清水富美加)→180cmを超える長身

本田アカコ(松井玲奈)→身長150cmセンチ・60キロ

という設定なのですね^^;

 

ただ、原作の山本幸久さんがこのようなコメントを発表されています。

驚いた。自分が書いた小説の主人公ふたりが、銀幕の中で漫才をしているのだ、驚かないほうがどうかしている。

見た目はずっとかわいいしスマートだ。漫才もうまくて面白い。

でも松井玲奈さんと清水富美加さんは紛れもなくアカコとヒトミだ。原作者冥利(みょうり)に尽きる。

監督をはじめキャストおよびスタッフの方々にひたすら感謝。

引用:news.livedoor.com/article/detail/12605557/

 

これは監督・役者・スタッフにとっては最高の賛辞ですよね(๑╹ω╹๑ )

 

原作のある作品を実写映画化する時って、見た目やイメージを寄せるって工程が結果首を締めているように思います。

確かに原作と描かれているキャラ描写は違いますが、それはそれでいいんじゃないかなって。

松井玲奈さんはキャラ作りの為にバッサリ髪を切り金髪に染めたそうですし、清水富美加さんは今までに演じたことのない役柄で苦労されているとのことで。

その奮闘っぷりをまずはドラマで堪能させていただきます!

 

ちなみに

ドラマは3月MBS/TBSにて全4話(日にち未定)

映画は4月29日(土・祝)より公開

です。

 

ではでは最後までご覧いただきありがとうございましたm(__)m

<スポンサーリンク>