川瀬賢太郎の経歴や学歴や父親は?松尾由美子の夫は人気指揮者!

台風の影響で悪天候が予想される週末ですが、今年は本当に自然災害が多いですね。

願わくば大きな被害が出ないことを祈っております。

 

さて、そんなどんよりを吹き飛ばすような素敵なニュースが発表されましたね!

 

テレビ朝日の人気女性アナウンサーである「松尾由美子」さんが結婚されたそうです!!

 

現在39歳の松尾アナですが美人で知的で私大ファンなんですよ♪

 

こういう時に使う画像はこれですよね

ちょっと残念な気持ちもあったりしますが、それでも幸せになって欲しい!!

 

さて、そんな松尾アナを射止めた果報者はどんな人なのか??

 

川瀬賢太郎

 

という指揮者の方だそうでして。

 

一体どんな方なのか?調べていきたいと思います!

<スポンサーリンク>

川瀬賢太郎の経歴や学歴は?

↑のTwitterは川瀬賢太郎さんご本人のツイートです。

…なかなか愉快な方みたいですね(笑)

 

画像引用:http://www.hirasaoffice.sakura.ne.jp/artists/view/67

↑の凛々しいお姿が真のお姿。

神奈川フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者としてご活躍されている「川瀬賢太郎」さん。

 

経歴や学歴などのまとめがこちら↓

川瀬賢太郎

1984年12月生まれ 33歳

私立八王子高等学校芸術コース→東京音楽大学音楽学部音楽学科作曲指揮専攻(指揮)卒業

ピアノ及びスコアリーディングを島田玲子、指揮を広上淳一、汐澤安彦、チョン・ミョンフン、アーリル・レンメライトの各氏に師事

2005年レインボウ21デビューコンサート2005(サントリーホール)に出演。

2006年10月に行われた東京国際音楽コンクール<指揮>において1位なしの2位(最高位)に入賞

2007年3月には入賞者デビューコンサートで神奈川フィルハーモニー管弦楽団および大阪センチュリー交響楽団を指揮

その後海外でも活躍し、2012年1月にはオペラデビューも果たす。

現在、名古屋フィルハーモニー交響楽団指揮者・神奈川フィルハーモニー管弦楽団常任指揮者・八王子ユースオーケストラ音楽監督・オーケストラアンサンブル金沢常任客演指揮者・三重県いなべ市親善大使・東京音楽大学作曲指揮専攻(指揮)特任講師。

受賞歴は
2015年渡邉暁雄音楽基金音楽賞、第64回神奈川文化賞未来賞、2016年第14回齋藤秀雄メモリアル基金賞、第26回出光音楽賞、第65回横浜文化賞文化・芸術奨励賞を受賞など多数。

<スポンサーリンク>

川瀬賢太郎の父親は指揮者なの?

川瀬賢太郎と検索すると「父親」とサジェストで出てきます。

「父親も指揮者なのかな?」と思って調べたのですがどうやらそうではなさそうですね。

過去に川瀬賢太郎さんはインタビューでこのように答えています↓

「父親、母親、妹が2人います。父親は大のクラシック音楽好き。家にはいつも音楽が流れていて、僕が物心ついた時は、すでに音楽は生活の一部でした。それで、幼稚園の頃から指揮者になりたい、と思うように。そういう環境ではなく、学校の授業で初めてクラシック音楽に触れていたら、指揮者になっていなかったかもしれません。
 僕が指揮をする東京近郊での公演は、必ず家族そろって来てくれます。いつも発売日に自分たちでチケットを買って。僕は指揮者デビューして10年になりますが、実は、家族に一度も招待券を贈ったことがないんですよ」

引用:city.living.jp/yokohama/l-yokohama/872857

「父親は大のクラシック好き」との文言からも音楽家ではなさそうですね。

<スポンサーリンク>

松尾由美子と人気指揮者との馴れ初めは?

 

二人の馴れ初めに関してはスポーツ報知はこのように報じています↓

2人は2016年7月、川瀬氏が受賞した「第26回出光音楽賞」の授賞式で松尾アナが司会を務めたことで出会った。昨年3月には松尾アナがアシスタントを務める番組「題名のない音楽会」(土曜・前10時)で共演。同年8月頃から交際を開始した。

引用:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00010002-spht-ent

 

9月28日の『グッド!モーニング』で生出演した松尾アナが結婚発表をしましたが、結婚まではトントン拍子に話が進んでいったとのことで。

結婚式の予定はまだ立っておらず、妊娠もしていないそうですね。

 

トントン拍子に話が進んだとのことですが、2017年7月のインタビューで川瀬さんはこのように発言されています↓

ー川瀬さんの結婚観も気になるところ。結婚して新しい家族を作ることは考えますか?

 「今は全く考えられません。結婚が現実的にイメージできないんです。それは仕事柄、旅が多く、家にいる時間が少ないから。そして、家でも仕事をしていて忙しい。だから結婚しても、子育てなどで奥さんが大変な時、そばにいられなかったり助けてあげられない可能性が高い。僕は3年先まで仕事のスケジュールが埋まっているので、それが現実として見えてしまうんです。でも、ひょっとしたら自分の思い切りが足りないだけかもしれませんが

引用:city.living.jp/yokohama/l-yokohama/872857

家にいる時間が少ないしスケジュール的にかなりタイトなので結婚がイメージできないと語っていた川瀬さんですが、そんな川瀬さんがこのインタビュー直後に松尾アナと交際し、そしてわずか1年で結婚に踏み切った訳ですから、松尾アナの発言通りまさに「トントン拍子に」進んでいったんですね。

結婚のイメージを持てなかった川瀬さんが「結婚を思いきれる」ような魅力を松尾アナが持っていた

ってことですね。

お二人には本当に幸せになって欲しい!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

<スポンサーリンク>