橋本健の経歴や出身大学!神戸市議が今井絵理子と不倫?

引用:www.hashimoto-ken.com/

元音楽グループ「SPEED」の一人で参議院議員の今井絵理子さん。

私、正直なところ彼女を政治家として全く見れないんですよね〜。

 

彼女の人格を否定する気はサラサラありませんが、各所での発言内容を見聞きするだけでお腹いっぱいですし、そもそも政治家としての資質を1mmも感じませんw

そんな今井絵理子さんがなにやら話題になっていたので「またなんか訳わかんないことでも言ったのかな?」と冷ややかな目でネットニュースに目を通したところ、

「今井絵理子」の略奪不倫 妻子ある地方議員と“お泊り”3日間

という、まぁなんというか・・・タイトルだけで苦笑いしてしまうようなお話でして。

 

お相手は神戸市議の「橋本健」という方。

なかなかのイケメンさんでありますが・・・本当に不倫だったらお互いに政治キャリアは終わりでしょうね^^;

 

ってな訳で今回は、

・橋本健ってどんな人?

・本当に不倫してるの?

などを書き綴っていこうと思います!

<スポンサーリンク>

橋本健神戸市議の経歴や出身大学!

画像引用:http://hashimoto-ken.jugem.jp/?pid=1

名前:橋本健(はしもとけん)

生年月日:1980年2月16日 37歳

出身:兵庫県神戸市灘区

学歴:兵庫県立長田高等学校→大阪大学歯学部

所属:自由民主党

橋本健ブログ:hashimoto-ken.jugem.jp/

橋本健ホームページ:www.hashimoto-ken.com/

橋本健Twitter:twitter.com/Hashiken_Kobe

 

では早速ご紹介して行きましょう!

 

橋本健さんは現在37歳、現在3期目の神戸市議ですね。

 

生まれも育ちも兵庫県で、幼稚園から高校まで神戸市の学校に通われていました。

現在も神戸市の中央区にお住いのようですね。

 

経歴で目を引くのは「大阪大学歯学部卒業」という点。

歯科医師・塾講師としてお仕事をしつつ政治家への夢を持ち、2007年神戸市会議員選挙(中央区)にて自民党公認候補として出馬し、27歳の若さで初当選。

2011年、2015年に再選、現在3期目を務めてらっしゃいます。

歯科医師の経験を活かして、主に「医療行政・教育行政」の分野に力を入れているんだとか。

 

“不倫”ってことですから当然ご結婚されており、お子様も二人いらっしゃいます。

奥様とは高校の同級生で、なんでも大学時代にご結婚したんですって!

 

晩婚化が進んでいる昨今、学生時代に結婚されるってのはかなり珍しい話ですよね。

歯学部に入学しているってことからもご実家はかなり裕福であろうと思われますが、そこらへんの情報はちょっと見つからなかったですm(__)m

 

現在奥様とは別居状態だそうですが、離婚はされていないとの事。

<スポンサーリンク>

橋本健と今井絵理子は不倫してる?

「週刊新潮」の取材に、橋本議員は「恋愛感情もありませんよ」と交際を否定。一方、今井議員は好意を持っていることは認めながらも「男女の関係はありません」と回答。 “お泊り”については「深夜まで一緒に(講演)原稿を書いていたんです」と苦しい言い訳に終始したが……。

引用:デイリー新潮

 

↑の記事は週刊新潮のweb版である「デイリー新潮」の記事の一部です。

 

記事の内容を端的に纏めますと、

7月14日・15日に、大阪府内のマンションと今井絵理子議員がセカンドハウスとして使うマンションで二人はお泊まりをしていた。

とのことで。

 

「深夜まで一緒に(講演)原稿を書いていたんです」と橋本氏は話しているそうですが、新潮側は「手を握り合う2人」の写真を抑えているそうですし、ちょっと苦しい言い訳に見えなくもないですね^^;

橋本氏は今井絵理子氏に対しての好意を認めているとのことですし、その上で手を繋いでたってなったら何かしらあったと想像するのは割と整合性があるように思えるんですけどね。

※上の記述に関しまして、逆であるとの指摘をいただきました。

正しくは「今井絵理子氏は橋下氏への好意を認めている」です。

お詫びして訂正いたします。

 

今井絵理子氏はロックバンド「175R」のSHOGOさんと結婚、その後離婚しており、現在はフリーですから「恋愛」に関しては特に何も問題ないとは思いますが、橋本氏は別居中とはいえ妻子持ちの身。

仮に何もなかったとしても、ちょっと考えれば疑念を持たれるであろうことはわかりそうなものですけどね。

 

真偽に関しては定かではありませんが、7月27日発売の「週刊新潮」で詳細な話が載るようですので、いずれ橋本氏・今井氏は釈明会見を行うことでしょう。

※7月27日 18時50分 追記

今井絵理子議員がコメントを発表しました↓

既婚者である市議から「結婚生活は破綻していて別居している。近く離婚調停になる」との話をされ、最近になって交際の申し込みがあったと明かしている。これに対し今井議員は「法律上はまだ妻帯者なので『一線を越えてはいけない』と思い、きちんとけじめをつけてから考えましょうと申し上げました。今日までこの約束を守ってもらっています」しかし不倫関係にあると指摘されたことを受け、「深く深く反省しています。今はただ頭を下げることしかできません」と陳謝。

その上で、「これだけは断じて言わせて下さい。略奪不倫ではありません。断じてないということを言わせていただきます」今後、市議との関係については「信頼回復を優先に行動を律する」としている。

引用:headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170727-00000072-nnn-pol

 

そして橋本市議もコメントを出し

週刊新潮に掲載されている記事の内容については細かくは事実と異なることがあるものの、客観的事象は概(おおむ)ね事実であることを認めます。週刊新潮の取材には恋愛感情がない、とおこたえいたしましたがそれは間違いであることも認めます。本年6月末に交際したい旨をつたえましたが、まだ離婚が成立していないことを理由に友人関係のままでいようとおこたえになられました。すでに破綻している婚姻関係は自由恋愛を妨げないという認識が、私の脇を甘くさせてしまい今回の騒動を招いてしまいました。一貫して不貞行為はなかったものの、私の軽率な行動は逆に世間の疑いを強めるものとなりました。

引用:headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170727-00000001-maiall-pol

と、新潮の報道を概ね事実と認めています。

 

最近泥沼にハマっている自民党からしても頭が痛い話でしょうね^^;

正直、今井絵理子氏に何も期待していない私としては「もう辞職していただいても・・・」って感じなんで、不倫しているより議員している方が問題だと思うのですけど…。

 

ちょっと口が過ぎましたかね^^;

ではでは最後までご覧いただきありがとうございましたm(__)m

<スポンサーリンク>