ブラック校則の原作やあらすじは?映画のキャストやドラマの放送地域も気になる!

ジャニー喜多川氏の逝去で一つの歴史が終わったジャニーズ事務所ですが、その訃報の影響を感じさせない活躍が目立ちますよね。

音楽の日に出演したジャニーズグループがツイッターでトレンドに入りまくり、キスマイは2年連続2度目の5大ドーム公演を見事に完遂し8年目でツアー総動員400万人を突破しました。

各グループはjrも含めて好調な活動が続いていますし正直なところ安心しました。

体制が変わったジャニーズ事務所から今後どのようなスターが誕生していくのかと考えるととても楽しみですよね。

 

さて、そんな中ジャニーズファンに嬉しい知らせが届きました!

SexyZoneの佐藤勝利さんが映画「ブラック校則」(11月1日公開)に単独主演することが7月14日発表されました!

しかもKing&Prince高橋海人さんと初共演!!

 

というわけで、本日は「ブラック校則」の原作・映画やドラマについて書き綴っていこうと思います!

<スポンサーリンク>

ブラック校則の原作やあらすじは?

ブラック校則に原作のないオリジナルの作品となっています。

脚本担当は「セトウツミ」などのヒットで知られる漫画家の此元和津也氏

此元和津也氏の作品は本当に面白いので個人的にはかなり脚本に期待しています。

 

現在発表されているあらすじは以下の通りです。

髪形や行動まで厳しすぎる規律を重んじる“ブラック校則”が敷かれた高校が舞台。佐藤は、クラスの最底辺で、存在感の無い高2の小野田創楽(そら)を演じる。一方の高橋は、佐藤のクラスメートの親友で、空気を読まずに予測不能な行動で周囲を驚かせる月岡中弥(ちゅうや)を演じる。佐藤が恋心を寄せる女子生徒がもともと栗色の髪を黒くすることを強要され不登校気味になり、高橋と2人で「ブラック校則をぶっつぶす!」と決意する。

 

プロデューサーが「野ブタ。をプロデュース」を担当した河野英裕氏であることや学園ものということで、マスコミは“令和版「野ブタ。をプロデュース」”と銘打って報道しています。

 

ちなみに河野英裕氏は日本テレビドラマ制作部所属のプロデューサーで、

・奇跡の人

・すいか

・野ブタ。をプロデュース

・マイボスマイヒーロー

・セクシーボイスアンドロボ

・妖怪人間ベム

・フランケンシュタインの恋

などを手がけられています。

 

こうやって作品を見てみると出演者にジャニーズ所属の方がたくさんいらっしゃいますね。

<スポンサーリンク>

映画やドラマの公開・放送予定

「ブラック校則」は映画・地上波ドラマ・ネット動画配信と様々な展開が予定されています。

・映画の公開予定日は11月1日

・地上波ドラマは10月期の日本テレビ系深夜ドラマ枠

・ネット配信(Hulu)も地上波ドラマと同時期

といった予定です。

 

日テレ系のドラマ「あなたの番です」と同じように、

地上波で本編を放送し、そのアナザーストーリーとして動画配信で物語を補完しより楽しめる手法

のようですね。

ブラック校則の放送地域

こちらも現在発表されていませんが、

日テレ系のドラマは大型作品であっても沖縄と佐賀で放送されないケースが多いです。

ですが、TVerの見逃し配信で放送終了後1週間無料で視聴できますのでご安心ください!

 

放送終了後1週間過ぎてしまった場合は動画配信サービスのHuluで視聴できます!

先ほども触れましたがHuluでオリジナルのストーリーも配信予定ですので、地上波でのドラマをしっかり期間を気にせず視聴しオリジナルのストーリーも楽しみたい方は登録してみてはいかがでしょうか?

なお、Huluには2週間の無料トライアル期間がありますのでそれを活用すれば実質無料での視聴も可能となっています!

ブラック校則のキャストは?

現在発表されているキャストですが、

SexyZone・佐藤勝利 King&Prince・高橋海人 のみ

となっています。

この二人がメインであることはもちろん間違い無いのですが、あらすじの中に「佐藤が恋心を寄せる女子生徒が不登校気味になり」との文言があることから、「女子高生役の女性が1名メインキャスト」と予想されます。

こちらはおそらくメインでしょうから近々発表があることと思われます。

 

幅広い年代で様々な方々が活躍されているジャニーズですが、最近では長期密着ドキュメンタリーへの出演なども話題になっていますよね。

➡️キンプリのライドオンタイムの無料動画や見逃し配信は?放送地域も気になる!

➡️KAT-TUNのライドオンタイムの無料動画や見逃し配信!1回から4回まで見れるのはここ!

 

映画・地上波・ネット配信と様々な展開で話題となっていくであろう「ブラック校則」。

今から待ち遠しいですね!

では最後までご覧いただきありがとうございました!

<スポンサーリンク>