東京プリン伊藤洋介の経歴は?比例代表候補内定までの道のり

東京プリン・伊藤洋介の異色経歴・活動内容は?

1997年に「携帯哀歌」でデビューし、

プリンのかぶり物を被ってる2人組のアーティスト

 

東京プリン

 

30代の方はよく彼らをTVで見かけたのではないでしょうか?

東京プリン

出典:laughy.jp

 

<スポンサーリンク>

東京プリンは

伊藤洋介さん・牧野隆志さん 2人組

二人とも現役サラリーマン

でした

楽曲は主に、

男の悲哀・ぼっちの悲しみ・サラリーマンの苦悩

を謳った「インパクトのある曲」を歌っていましたよね。

 

誰からも電話がかかってこない悲しみを歌った「携帯哀歌」

この曲がラジオで流れたのをキッカケに
じわじわ東京プリンの名前が知られていきました。

1997年はまだネットもほとんど普及しておらず、
基本的に「TV・ラジオ・口コミ」で広がっていった時代。

TVでプリンのかぶり物をして歌っている2人組はかなり衝撃的でした。

「なんだこの人達」って感じでしたが、歌詞の「笑ってしまう”切なさ”」で
私puraはすっかりファンになってしまいました。

その後、東京プリン名義で14枚、別名義で1枚、シングルCDを発売します。

別名儀・・・に関しては後で改めて。

 

2006年を境に、音楽活動は一旦お休みします。

その後、伊藤さんは作家としてデビューし、
牧野さんはTV音楽番組等でMCを中心に活動

2013年、伊藤さんは参院選に出馬するも落選

そして、

2016年の参院選・自民党比例代表を選ぶ

「『オープンエントリー』プロジェクト2016」に申し込み、

ネット投票の結果、見事に選ばれました

 

実は自民党と伊藤さんには、とある縁があるんです

 

・・・の前に、

伊藤さんの詳しい経歴を纏めましたので、ご覧下さい。

<スポンサーリンク>

▽伊藤さんの経歴・東京プリンの今後▽

伊藤洋介

 

伊藤洋介(いとう ようすけ 1963年8月27日)

大阪府大阪市生まれ
兵庫県立西宮北高等学校卒業
1988年、慶應義塾大学理工学部卒業後、山一證券に就職。

山一證券在籍中にシャインズを結成しCDデビュー。
プロデューサーは秋元康。
その後、森永製菓に転職。

1992年にシャインズが事実上解散した後は、森永製菓広告部で宣伝担当主任を務め
1997年に東京プリン結成
2010年、森永製菓を退社。

2007年2月3日に『バブルアゲイン』を、
2007年11月5日に言い訳本『実録 現役サラリーマン言い訳大全』(幻冬舎)を出版。

2010年におけるエイベックス・グループの株主総会当日に行われるシークレットライブの司会進行を渋谷亜希と共に務めた。

2013年7月21日に実施の第23回参議院議員通常選挙に
自由民主党公認で比例区から立候補するも落選

参考:Wikipedia

 

2013年に一回落選されていますが、

芸能人とはいえ、あまり知名度も高くなく、支持母体もない
伊藤さんが何故”公認”を得られたのか?

ちょっと不思議ですよね?

 

経歴を見ていただけばわかりますが、

伊藤さんは森永製菓広告部で宣伝担当主任でした。

その関係で

安倍総理の夫人が森永製菓創業家の娘として伊藤さんと旧知だった事

解禁されたネット選挙のテストケース

異例の公認を受けました。

しかも、

エイベックスの松浦氏と親好が深く、

選挙活動中に、松浦さんから応援等のバックアップも受けていました。

 

落選したとはいえ、

多数の方から協力を得られる人柄の持ち主という事だと思います。

 

その後の東京プリンの活動ですが、

2014年、東京プリンで一緒に活動していた牧野隆志さんが肺がんによる呼吸不全により亡くってしまいます。

2ヶ月後、「東京プリンとたいせつな仲間」名義で

「明日笑っていられるように」という楽曲を発表しています。

 

デュオとしても個人としても、様々な紆余曲折があった伊藤さんですが、今後は政治家としての活動が中心になっていくようです。

まとめ

pura

東京プリンの伊藤洋介さんが

参院選・自民比例代表に内定

シマリス君

紆余曲折あった伊藤さんですが、

持ち前のバイタリティーで頑張ってほしいですね!

<スポンサーリンク>