半分、青い。のキャストやあらすじは?NHK朝ドラの原作も気になる!

2018年前期に放送されるNHK連続テレビ小説「半分、青い。」

 

まだまだ先の話ではありますが、脚本を担当するのが「北川悦吏子」さんということでかなり注目を集めていますよね。

2017年2月22日にNHKのホームページで制作発表され、メインヒロイン役のオーデションが大々的に行われた結果、2366人のオーディション中から見事「永野芽郁」さんが主役の座を勝ち取った・・・とのことで、いよいよ動き出したって感じで^^

 

映画・ドラマなどで大活躍の永野芽郁さんですが、朝ドラの主演ということでまさに大ブレイクとなりましたね!

毎回注目されるNHK連続テレビ小説ですが、今回も相当注目が集まっているようで・・・というか個人的にかなり気になる部分が多くてですね^^;

そんなこんなで気になる部分も多い「半分、青い。」について、色々と書き綴っていこうと思います!

<スポンサーリンク>

半分、青い。の原作やあらすじは?

先ほども書いた通り、脚本は人気脚本家「北川悦吏子」さんです。


すでに永野芽郁さんともお会いされているようですね〜。

 

北川悦吏子さんといえば、「素顔のままで」「あすなろ白書」「ロングバケーション」「ビューティフルライフ」とフジテレビのドラマ黄金期を支えてきた方ですよね。

意外と知られていませんが、「世にも奇妙な物語シリーズ」の脚本も数多く手がけ、非常に高い評価を受けているんです。

NHKでの脚本は2016年「運命に、似た恋」を手がけられていますね。

 

さて、「半分、青い。」についてですが・・・

北川悦吏子さんのオリジナル作品ですので”原作”はありません。

 

NHK朝のテレビ小説は最近オリジナル作品が多いですが、原作のある作品であっても”原案”としてドラマ内容を膨らませていますよね。

今回は”完全オリジナル”ということなのですが、すでにあらすじは発表されています↓

大阪万博の翌年、1971(昭和46)年。岐阜県東濃地方のとある町の小さな食堂に、鈴愛(すずめ)という女の子が生まれた。毎日野山を駆け回る元気な子だったが、小学生の時、病気で片耳を失聴してしまう。そんな彼女を励ましたのは、わが子を愛してやまない両親と、同じ日に同じ病院で生まれた幼なじみだった。
高校卒業後、彼女は持ち前のユニークな発想力を生かして少女漫画家を目指し、バブル真っただ中の東京に出る。師匠にしごかれアシスタント仲間と切磋琢磨(せっさたくま) して修業に打ち込むが、やがて挫折。結婚して一人娘を授かるものの、家計は火の車。ついには夢追い人の夫から離婚されてしまう。バブルはいつの間にか終わり、世は低成長時代。度重なる失敗の末、シングルマザーとなって故郷に戻った鈴愛は、そこで思わぬ転機を迎えることになる……。

引用:http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/263632.html

 

「半分、青い。」のストーリー背景は、

「高度成長期の終りから現代」・「岐阜県と東京」

とのことですね。

 

NHK朝のテレビ小説のヒロインといえば、

ちょっとドジだけど失敗を恐れず明るいヒロイン

ってイメージですが、本作品は「病気で片耳を失聴」「結婚するも家計は火の車」「離婚してシングルマザーに」とストーリーとしては割とヘビーな感じ。

 

しかしながら、

七転び八起きしながらも懸命に駆け抜け、やがて一大発明をなしとげるまで、およそ半世紀の物語」

ということですので、やはり朝の放送にマッチした爽やかな作りになっていくと思われます。

<スポンサーリンク>

半分、青い。のキャストは?

現在発表されているのは、ヒロインのみですね。

 

<ヒロイン・楡野鈴愛(にれの・すずめ)役 永野芽郁>

名前:永野芽郁(ながの めい)

生年月日:1999年9月24日 17歳

出身:東京都

所属事務所:スターダストプロモーション

小学校3年の時に吉祥寺でスカウトされ芸能界入りした永野芽郁さん。

子役として映画・TVドラマなどで活躍する傍ら、ファッション誌『ニコ☆プチ』でレギュラーモデルなど、多方面で活躍されていました。

2016年の連続テレビドラマ『こえ恋』でドラマ初主演、現在は多数の映画・ドラマで主演級の出演が続いています。

 

お芝居の評価も高く、非常に透明感のある感じが朝ドラにはぴったりだなと個人的には思います^^

 

作品の作りが「高度成長期の終りから現代」という事ですので、”主人公の成長に合わせてキャストが変わるのか?”っていうのにも注目が集まっています。

いくらお芝居が上手くても、年齢の幅が大きかったら流石に難しいでしょうし、その場合キャストが途中で変更になるのは自然なのかな・・とも思いますがね。

仮に途中で変更しなかった場合ってのもそれはそれで非常に興味がありますし、どのみち楽しみですけど^^;

キャストに関しては発表があり次第、改めて追加していきたいと思います。

ではでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

<スポンサーリンク>