籠池理事長と金銭授受があった現職閣僚Sは誰?名前や接点を調査!

※タイトルに一部誤りがありましたので修正しています。

籠池理事長は金銭を渡していたのではなく、金銭を受け取っていたと語られています。

誤解を招く表現であったことを深くお詫びいたします。

 

連日報道されている「森友学園問題」ですが・・・まぁ色々と出てきますね。

 

民進党はここぞとばかりに突っ込んでいますが、ただ稲田防衛大臣をいじめているだけの映像が延々流れるばかりで、有効打になっていない状況が続いていますよね。

 

民進党議員が鼻息荒く大声で追求しているのを見るとちょっと引いてしまうと言うか・・・。

まぁ頑張ってくださいって感じです。

 

そんな中、ノンフィクション作家の菅野完氏が籠池泰典理事長への単独インタビューに成功、そこで色々とお聞きしてきたことが大きな話題になっていますね。

 

「現職閣僚1人が籠池氏に数百万程度の現金を渡していたと聞いた」

『問題が表面化した2月ごろ、財務省の佐川宣寿理財局長から籠池夫妻の弁護士に「10日でいいから身を隠してくれ」と依頼の電話があった』

 

と、事実だとしたらかなり大事な内容。

 

まぁ、気になるのは「現金授受があった現職閣僚は誰?」ってことですよね。

<スポンサーリンク>

「籠池理事長が現金を渡した現役閣僚」

「籠池理事長に現金を渡した現役閣僚が存在する」

この話は、

ノンフィクション作家の菅野完氏が籠池泰典理事長への単独インタビューで聞き出した情報

な訳ですが、

「菅野氏がなぜインタビューすることができたのか?」と疑問をお持ちの方も多いと思います。

 

菅野完氏はこれまで数回、籠池泰典理事長にインタビューしていたという経緯があります。

そして3月15日午後に予定していた日本外国特派員協会での会見を籠池氏がドタキャン、しかし空いた時間とチケットが勿体無いと言う理由から、東京にいる菅野氏にあいに上京。菅野氏との面談に変わりましたw


そこで聞いた内容ってのが「現役閣僚との金銭授受」と。

 

この金銭授受に関しては、

・物証がなく証言しかない(メール履歴あり)

・籠池理事長の主張

と、信用に足る情報なのかは少し疑問が残りますが、

菅野氏は「籠池氏は現金授受の日時や場所を克明に記憶しており、信ぴょう性は高い」と語っていることから、「事実」と見る方も多く、お祭り騒ぎ状態になっています。

 

要は犯人探しが始まっている訳ですが、該当情報は↓

・現職の閣僚

・これまで名前が挙がっている人物ではない

 

とのこと。

 

さらに、

大手TV報道局が閣僚Sに的を絞り追っている

との情報も出てきています。

 

つまり、情報が全て正しい場合、

これまでに名前が挙がっていない現役閣僚Sが金銭授受のあった人物

と言うことですね。

 

さて、現役閣僚で「S」の方をチェックしてみましょう。

<スポンサーリンク>

現役閣僚Sは誰?名前や接点は?

正直なところ、ここにきてのイニシャルトークはちょっと胡散臭さを感じる訳ですが、

まぁとりあえず既出情報から話を進めましょう。

 

苗字に「S」がつく閣僚はご覧の通り↓

厚生労働大臣・塩崎恭久

経済産業大臣・世耕弘成

内閣官房長官・菅義偉

 

どの方もちょっと接点がわからない感じですよね・・・。

 

接点がありそうな方といえば、学校法人つながりで、

父が学校法人近畿大学第3代理事長で、父の逝去にともない4代理事長となった世耕弘成氏

くらいでしょうかね。

 

安倍晋三首相も名前はSですが、

「これまで名前が挙がっていない」と言う点で弾かれます・・・。

※追記・3月16日16時

籠池理事長が「安倍晋三首相から寄付金をもらった」と語っています。

他にも金銭授受があった閣僚がいるかはまだ判然としません。

 

今後出てくる可能性のある情報としては、

詳細について籠池氏は、「野党議員に対しては、明らかにする用意がある」と話したほか、条件次第では、国会の参考人招致に応じる意向も示した

とのことですが、

籠池氏から話を聞いたのは菅野氏だけですし、果たして今後籠池氏自身が情報を開示していく気が本気であるのかも疑問が残るところです。

はてさてうまくいくもんかなぁと。

追記

これまで国会招致を拒否してきた与党は、籠池氏の証人喚問を求める方針に転じ、民進党と23日に衆参両院で実施することで一致したそうです。

 

兎にも角にも新しい情報を待ちたいと思います。

 

※追記

籠池氏の弁護士が辞任しましたね。

「財務省の佐川宣寿理財局長や財務省職員から連絡があったことはない。籠池氏の事実誤認である」

とコメントを出しています。

この件に関しても「弁護士が嘘をついている」と菅野氏が語られています。

<スポンサーリンク>