三島有紀子と三島由紀夫の関係は?プロフィールや経歴学歴もチェック!

画像引用:CINRA

2016年秋期から特に好調なTVドラマ。

 

視聴率という一つの指標では盛り上がりに欠ける作品であっても、

ネット視聴や録画などを合わせるとかなり好調なドラマも多いんだとか。

 

月9史上最低視聴率で話題の『突然ですが、明日結婚します』もリアルタイムでの視聴率は5%台でも、実際にドラマを視聴している人数は割と多いんだそうですし、

「ドラマの成否=視聴率」という指標はもはや古いってことなんですかね??

・・・けど、「家に帰ってリアルタイムで観たい!!」って思えるくらい魅力的なドラマなら必然的に視聴率も上がるように思います^^;

 

まぁ、そこらへんは考え方の問題ですかね。

 

どんなドラマであれ制作側は熱意を持って作品を作っているでしょうし、

今後も「リアルタイムで観たい」って思えるような作品と多数出会いたいって思う今日この頃。

 

さて、そんな「制作側の熱意」が暴走してしまった結果、

えらいことになってしまったドラマの話が。

 

wowowで5月から放送予定の「東京すみっこごはん」のドラマ撮影で、

「労働基準法を無視し6歳の子役を17時間も撮影・拘束した」と大きな話題になっています。

 

出元は「文春」さん^^;

➡️WOWOWドラマで天才子役が号泣した徹夜の“違法撮影”

 

報道によると、

「東京すみっこごはん」の監督である「三島有紀子」さんが、子役の芝居に納得いかず昼12時から朝5時まで撮影・拘束した

と。

 

監督の「三島有紀子」さんの熱意が暴走した・・・ってことでしょうかね?

 

明らかに労働基準法違反ですし、wowow・制作側も事実と認めたようですのでドラマの放映そのものがボツになる可能性もありそうですが、

 

三島有紀子さんってどんな人なんでしょうか?

 

一説によると「三島由紀夫と関係がある」とかの噂もあったり。

 

・・・というわけで、

 

三島有紀子ってどんな人か調査してきました!

<スポンサーリンク>

三島有紀子の経歴や学歴・プロフィール!

画像引用:zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170301-00001567-bunshun-soci.view-000

名前:三島有紀子

生年月日:1969年4月22日 47歳

出身地:大阪府北新地

学歴:大阪府立豊中高校→神戸女学院大学

職歴:NHK

 

では行ってみましょう!

 

お名前は「三島有紀子(みしまゆきこ)」さん。

本名とのことですね。

 

このお名前に関しては後で詳しくお話しします。

 

三島有紀子さんは、現在47歳。

職業は映画監督・脚本家です。

 

プロフィールに関してはご本人のブログから引用します↓

18歳からインディーズ映画を撮り始め、大学卒業後、NHKに入局。
「NHKスペシャル」など、
『人生で突然ふりかかる出来事から受ける、心の痛みと再生』をテーマに
一貫して市井を生きる人々のドキュメンタリー作品を監督。
11年間の在籍を経て、独立。
以降、東映京都撮影書などで助監督を経験しながら脚本を書き続け、
『刺青〜匂ひ月のごとく〜』(09)で映画監督デビュー。

引用:三島有紀子ブログ

 

大学在学中から映画を撮り始めていたとのことですから、

映画に関わって既に30年近く経ってらっしゃるんですね〜。

 

NHKに入社後は『NHKスペシャル』『トップランナー』などでドキュメンタリー作品の監督を務めてらっしゃいます。

 

独立後は東映京都撮影所などで助監督をされつつ映画の脚本執筆、テレビドラマの演出などをされていました。

そして『刺青 匂ひ月のごとく』で映画監督デビュー。

その後も脚本、映画監督と着実にキャリアを積まれて、脚本を手がけた『世界がお前を呼ばないなら』が2009年サンダンスNHK国際映像作家賞の優秀作品に選出。

2014年に監督を務めた映画『ぶどうのなみだ』で、第38回モントリオール世界映画祭のワールド・グレイツ部門に招待。

 

今後の活躍も期待されている映画監督・脚本家です。

 

さて、後回しにしていた「名前について」お話ししていきたいと思います。

 

「三島有紀子」は本名とのことですが、

「三島由紀夫」と似ていますよね??

 

果たして関係があるのでしょうか?

<スポンサーリンク>

三島有紀子と三島由紀夫の関係は?

「三島有紀子」と検索窓に打ち込むと「三島由紀夫」とサジェストが出てきます。

気になって検索する方も多いようですね〜。

 

果たして関係があるのでしょうか??

 

「FILT」というwebマガジンのインタビュー内でそのことをご本人が語られています。

なにせ三島由紀夫が大好きだから娘の私に三島“有紀子”と名付けたくらいの変わり者ですから。

引用:filt.jp/lite/issue73/s02.html

 

とのことで、「三島由紀夫が大好きな父親が名前をつけた」ということですので、

血縁関係ではないということですね。

 

インタビューでは「映画監督が夢になった」ということや自身のルーツについても話されています。

➡️FILTBOOK

 

個人的には非常に興味深く読ませていただきました。

三島有紀子さんの「映画監督としての感性のルーツ」がイギリスの映画『赤い靴』にあった・・・ということになんとなく納得したり(笑)

 

・・・と、以上で三島有紀子さんのご紹介は終わりです。

 

週刊文春によって報道された「法令に違反する子役の就労時間オーバー」については、

監督だけの責任ではなく、その場にいたプロデューサーの責任でもあると思います。

 

良い作品を作りたいという情熱は伝わりますが、明確な線引きが必要でしたね。

 

才能のある方だと思いますし、残念な報道でもありました。

 

ではでは、最後までご覧いただきありがとうございましたm(__)m

<スポンサーリンク>