ニッセイの顔認識防ぐ眼鏡はどこで売ってる?福井・鯖江の商社開発の画期的商品!

   

顔認識防ぐ眼鏡?どういうこと?発売元はどこ?

福井・鯖江の商社「ニッセイ」が、

「顔認識防ぐ眼鏡」を国立情報学研究所と共同で開発、販売することが発表されました。

プロトタイプの名称は「プライバシーバイザー」でしたが、まだ正式な商品名は発表されていません。

発売日は2016年5月末で、約3万円で販売予定

ということです。

ニッセン

出典:YAHOOニュース

 

<スポンサーリンク>

感想としては、

ついにでたか

と言う感じですね。

どこもかしこも監視カメラがある現代社会で、「プライバシーを守る為にはここまでしないといけないのか・・・」とも正直感じました。

しかし、その技術や発想は面白いですよね。

どのような作りで顔認証をさせないのか、どういう経緯で作られたのか、またその技術は?などなどを調べてみました〜!

 

☆さすがの日本の技術力!福井の本気!!☆

まず、この画期的なアイデアを生み出した会社は、

眼鏡フレームの国内生産の9割を占める「眼鏡の聖地」福井県鯖江市の企業「ニッセイ」です。

国立情報学研究所と「SNSなどで偶然入り込んだ写真から特定されてしまう」ことなどを防げる装着具の開発を行って商品化を目指し、

当初は100個程度の販売予定でした

ところが、ネットでじわじわ情報がひろがり、問い合わせが殺到、増産することになり、その際、

鯖江市が運営するクラウドファンディング事業「FAAVO(ファーボ)さばえ」を活用し、資金を集めました

そしてそして、

なんと1日で100万円程度の資金が集まり、増産決定となりました

 

この装着具は

特殊な模様のフィルターで光を反射・吸収し、目元の凹凸をわからなくする。

という技術で顔認証をさせないようにしているようです。

そして、「眼鏡」とは「便宜上」使われている言葉で、

前提として、「眼鏡」ではなく「装着具」ということなんです。

…まぁ、眼鏡も装着具ですがね^^;

 

国立情報学研究所の越前功教授らの研究によって開発された「プライバシーバイザー」が元になっています

ニッセン

プロトタイプの使用感に関しては、

付けていても重さはあまり感じず、網戸越しに見ているような視野になる

ということでしたが、完成版は

サングラスの使用感に近い

ということみたいですね。

どこで買えるかは現在発表されていませんが、

クラウドファンディング出資者が優先購入

となりそうです。

技術的にも新たな試みがなされている商品ですが、

3万円程度という単価から、

販売元のニッセイが委託したネット販売会社が発売するのでは?

という見方が強いようです。

<スポンサーリンク>

 

☆まとめ☆

pura

顔認証ができなくなる装着具が発売されるよっ!

シマリス君

サングラス感覚で使えるみたいだし、値段も3万円程度

pura

5月末発売で、ネット販売が有力みたい

シマリス君

悪用はしちゃ駄目だよ〜

<スポンサーリンク>

 - その他