パラチオンメチルとは?金正男から検出された毒物は過去冷凍餃子にも

金正男から検出された毒物「パラチオンメチル」とは?

連日のように報道されている「金正男氏」の事件。

 

正直、リアリティーをあまり感じることができないんですよ。

 

使い古された言葉の「事実は小説よりも奇なり」とはまたちょっと違って、

「彼の国」が絡むニュースを見ていると、流れている時間や時代が違うのではないか?と感じることもしばしば。

 

ともあれ、少しずつ全貌も明らかになってきており、

実行犯とされる女2人が金正男氏の顔に塗りつけたとされる毒物の特定もされたようですね。

 

パラチオンメチルという物質

 

これが直接的な死因につながっているかはまだ判然とはしていないものの、

このパラチオンメチルという物質・・・どこかで聞いたことがあるんですよね。

<スポンサーリンク>

パラチオンメチルってどんな物質?

検出された「パラチオンメチル」について、まずは書き綴っていきます。

 

メチルパラチオン (Methyl Parathion) は農薬・殺虫剤に含まれる、無色または白色の固体。結晶の形は様々。一般名及び別名はパラチオンメチルである。

引用:Wikipedia

↑はWikipediaのパラチオンメチルについての記述。

 

正式には「メチルパラチオン 」と言われる物質だそうです。

※ややこしくなるので以下「パラチオンメチル」と呼称

 

「パラチオンメチル」は「パラチオン」という物質と構造式は似ているそうですが、毒性は3分の1程度。

 

パラチオンメチルは日本で1952年1月24日から農薬登録され、有機リン系殺虫剤として稲などに使用されていました。

パラチオンによる農民の中毒死事故が相次いだ結果、パラチオンメチルも研究目的での使用に限られる「特定毒物」に指定され、1971年11月9日に登録失効となり国内での使用は禁止されました。

 

現在は毒物及び劇物取締法の特定毒物に指定されています。

 

食品安全委員会によると

<パラチオンメチル> JMPR(国際機関)

ADI: 0.003mg/kg 体重/日
※毎日一生食べ続けても健康に悪影響が生じないと推定される量

ARfD:0.03 mg/kg 体重/日
※24時間又はそれより短時間の経口摂取により健康に悪影響を示さないと推定される量

とのことです。

 

さらに国立医薬品食品衛生研究所によると、

メチルパラチオン(パラチオンメチル):短期暴露の影響

神経系に影響を与え、痙攣、呼吸機能低下を生じることがある。コリンエステラーゼ阻害。許容濃度をはるかに超えると、死に至ることがある。医学的な経過観察が必要である。

 

報道によると

 

実行犯とされる女2人はクリーム状の物質を正男氏の顔に塗りつけたと供述している

 

とのことですから、この「クリーム状の物質」がパラチオンメチルだった場合のことを考えると人体に何かしらの影響があっても不思議ではありません。

 

そして「パラチオンメチル」について、記憶にある方もいらっしゃるかと思いますが、実はパラチオンメチルによる痛ましい事件が日本でもありました。

<スポンサーリンク>

日本国内で起きた冷凍餃子事件

2007年から2010年にかけて、日本国内で起きた「冷凍餃子中毒事件」は30代以上の方ならば記憶にあることと思います。

 

中国の天洋食品が製造した冷凍餃子から農薬成分の物質が検出された件ですね。

 

販売時期によって検出された物質は違うのもの、

2月20日に仙台市のみやぎ生協から回収した同商品から

「ジクロルボス・パラチオンパラチオンメチル」

の計3種類の有機リン系殺虫剤が検出されました。

 

パラチオンパラチオンメチルは、前述通り日本では1971年に禁止となっているのですが、中国では2007年まで一般的な農薬として利用されていた経緯があります。

 

冒頭にも書いた通り、金正男氏から検出されたパラチオンメチルが死因につながったかどうかはまだはっきりしていませんが、

前述した食品安全委員会の示している数値や国立医薬品食品衛生研究所による影響についての記述を合わせて考えた場合、パラチオンメチルの使用指示を出した”黒幕”は、明確な殺意を持っていたことだけは明白と言えるでしょう。

ともあれ、今後の捜査進捗を見守りたいと思います。

※追記

マレーシア警察の発表によると

「神経剤VXガス」の成分も検出されたとのこと。

VXガスは化学兵器に分類されている猛毒です。

 

複数の毒物を用いての凶行だったようですね。

<スポンサーリンク>