ドラマSRサイタマノラッパーのキャストやあらすじ!見所もチェック!

画像引用:www.tv-tokyo.co.jp/sr/

 ドラマ化!SRサイタマノラッパーのキャストやあらすじ!

今からおよそ8年前の2009年3月に公開され、自主制作ながら大きな話題となった映画「SRサイタマノラッパー」。

無名な俳優陣・低予算にも関わらず、上映した池袋シネマ・ロサでは連日大入り満員!

その後シリーズ3作まで作られましたが、2017年4月からなんとTVドラマ「SRサイタマノラッパー~マイクの細道~」として放送されることが決定しましたね!

 

放送するのは「低予算」に定評があるテレビ東京です♪( ´▽`)

 

個人的には、大金バンバン使って超豪華俳優使ってセットバンバン組んで繰り出される「(・Д・)?」みたいなドラマよりも、アイデアとパッションで勝負しているドラマの方が潔くて観ていて心地が良いです。

 

「低予算ドラマ」と言ってパッと思いつくのは「勇者ヨシヒコ」ですが、あの作品はある意味「超豪華」でもありましたよね^^;

「低予算詐欺」みたいなことも言われていましたが本当に低予算だったようですw

ただし、「格安での出演」「友情出演」「福田監督の作品に出たい!」「ヨシヒコに出たい!」って方々が非常に多かったようなので、あのような豪華な面々になったようですね。

 

しかし!!

SRサイタマノラッパーのメインキャストは、失礼ながら基本あまり有名な方々ではありません。

 

ただし!!最近は映画やドラマに出まくりですし、すんげーいい芝居するんですよ♪( ´▽`)

 

今回は、

ドラマ・SRサイタマノラッパーのドラマキャストやあらすじ

そして見所なんかを書き綴っていこうと思います!٩( ᐛ )و

<スポンサーリンク>

SRサイタマノラッパーとは?


ドラマをより楽しむために、改めてSRサイタマノラッパーについてちらっとご紹介♪

 

SR サイタマノラッパー』は2009年3月に公開された入江悠監督作品です。

 

低予算・自主制作・無名の役者で作られた作品としては異例の大ヒットを飛ばし、

 

・第19回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフシアター・コンペティション部門グランプリ

・第13回富川(プチョン)国際ファンタスティック映画祭でNETPAC AWARD(最優秀アジア映画賞)を獲得

・第50回日本映画監督協会新人賞

 

と国内外で様々な賞を受賞しました。

 

その高い人気からすぐに続編が制作され、

 

2010年 SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム

2012年 SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者

 

と、SRサイタマノラッパーは全3作品が発表されています。

 

 

この作品の第1作を池袋のロサで見たのですが・・・

 

最高に面白かったです!!

 

何よりも“愛すべき馬鹿たちが最高に素敵!”なんですよ!!(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

 

いや、本当に面白くて・・・ぶっちゃけ皆さんに観ていただきたい作品です!

SRサイタマノラッパーのあらすじや見所!

映画が3作品あるのですが、

第1作のあらすじとドラマのあらすじをご紹介しますね!

サイタマ県の片田舎で不器用にラッパーを目指す青年たちの、どこか哀しく、やがて可笑しな日々を描いた青春映画。

部隊は、北関東のレコード屋もライブハウスもないサイタマ県北部のフクヤ市。

色々な意味でデコボコなヒップホップグループ「SHO-GUNG」の仲間たちは、まずはフクヤ市でライブをやろうと夢見ている。しかし現実は…。

 

1カットごとがかなりの長回しなので、一見ドキュメンタリー映画のような印象を受けましたし、底抜けに明るい作品ではありませんが、観終わった後に「実際に彼らはどこかで活動してるんじゃないか?」って錯覚するほど強烈に心に刻まれました^^

とは言え、かなり好き嫌いが分かれる作品なのは確かだと思いますね。

 

さて、ドラマ版「SRサイタマノラッパー~マイクの細道~」のあらすじですが

埼玉の片田舎で生まれ育ったヒップホップグループ「SHO-GUNG」の三人。ラップで名声を得たい彼らだが、現実はそう簡単にはいかずグループ結成以来10年の歳月が過ぎていった。
そんな折、彼らにクラブイベントのオファーが舞い込んでくる。早速、IKKUとTOMは埼玉から離れて暮らすMIGHTYを連れ戻しに青森へ。だが、そこでトラブルに巻き込まれ、トラックドライバーに連れられ東北各地を転々とする羽目に・・・。
果たして無事にMIGHTYを連れ、イベント当日までに戻ってこられるのか?様々な苦難を乗り越えつつ各地を転々としながら東北を南下し、クラブイベントを目指す三人。最後のチャンスに賭ける三人の“SHO-GUNG魂”を描いた作品です。

引用:TV東京公式サイト

 

10年という歳月は第1作が公開されてからの年数とは少し違いますが、

製作開始してからおよそ10年ということのようですし、どうやら作中でもリアルタイムに月日が流れてるってことのようですね!

 

ちなみに映画1作目は埼玉、2作目は群馬、3作目は栃木と、北関東を舞台にしているのですが、ドラマ版の舞台は「東北」・・・。

茨城ぇ・・・( ;∀;)

 

この作品の見所は何と言っても「SHO-GUNG」の三人の芝居なのですが、

劇中で使用されている楽曲にも注目です!!

 

楽曲の製作やラップの指導は「上鈴木兄弟」が関わっているんです!

上鈴木兄弟と言えば、「レンタル救世主」の「志田未来のラップ」を監修したことでも有名ですよね!

現在発表されているドラマスタッフ・キャストには名前を連ねていませんが、おそらく関わってくるんじゃないでしょうか??

 

ちなみに、映画第1作の楽曲の一部が公式配信で視聴できます^^

<スポンサーリンク>

SRサイタマノラッパーのドラマキャストは?

まずは監督ですが、もちろん「入江悠」さんですね!

画像引用:映画.com

代表作は

『SR サイタマノラッパー』
『SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム』
『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』
『SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』
『ジョーカー・ゲーム』
『太陽』

2017年6月10日公開予定の『22年目の告白 -私が殺人犯です-(主演・藤原竜也)』でもメガホンを握ってらっしゃいますね.

 

そしてキャストの方々ですが、

現在「SHO-GUNG」のメンバー3名のみ発表されています。

 「SHO-GUNG」メンバー  IKKU 役

名前:駒木根隆介(こまきね りゅうすけ)

画像引用:www.geocities.co.jp/nishida_shouten/profile/komakine.html

生年月日:1981年5月2日  35歳

出身:東京都

身長:168cm

体重:95kg

最終学歴:日本大学藝術学部映画学科中退

所属事務所:コムレイド

 

「SHO-GUNG」メンバー  TOM 役

名前:水澤 紳吾(みずさわ しんご)

画像引用:映画.com

生年月日:1976年9月2日  40歳

出身:宮城県仙台市

身長:163cm

最終学歴:日本大学芸術学部中退

所属事務所:アパッチ

 

「SHO-GUNG」メンバー  MIGHTY 役

名前:奥野瑛太(おくの えいた)

画像引用:movie.smt.docomo.ne.jp/article/420093/

生年月日:1986年2月10日 30歳

出身:北海道苫小牧市

身長:176cm

最終学歴:日本大学藝術学部映画学科卒業

所属事務所:E.C.G

 

その他のキャストに関しては発表され次第追記していきたいと思います!

 

ちなみにすでにサイト・Twitterが公開されてますよ!

ドラマ公式サイト➡️www.tv-tokyo.co.jp/sr/

ドラマ公式Twitter➡️twitter.com/tvtokyo_sr

こちらも要チェックですね!

ドラマ・SRサイタマノラッパー、今から本当に楽しみです!

<スポンサーリンク>