PNSP(ペンヌリサンポーサンポーペン)の歌詞や三方(Sampo)の意味!

出典:www.youtube.com/watch?v=buB3MXnydss

  国立劇場版PPAPのペンヌリサンポーサンポーペンが凄い!

皆様どもです!puraです!

 

2016年、日本はおろか全世界を巻き込んだムーブメントと言えば、“PPAP”&”ピコ太郎”ですよね♪

 

下半期のブームということもあって、記憶に新しいところ。

 

12月後半から正月にかけては毎日のようにTVで観た気がします^^;

 

 

古坂大魔王が産み、YouTubeとTwitterと中高生とジャスティンビーバーが育ての親となり、瞬く間に極大ブレイクを果たしたピコ太郎。

 

爆発的なブームはだいぶ落ち着いてきたものの、

2017年1月7日に発表した新曲「I LIKE OJ」は1月16日現在600万回再生されており、まだまだ注目度は高いって感じですね!

 

PPAPのカバーをするアーティストや動画配信者も減ってきたとはいえ、最近では「さだまさし」さんが発表して話題になったりもしましたよね〜

 

そして2017年1月13日、思いもよらないグループ(?)がカバーをして話題になっていますよね!

 

そう!!

 

国立劇場

 

かなりビックリしました^^;

 

そして、耳にこびりついて離れない「ペンヌリサンポーサンポーペン」の語感と響き・・・

そして素朴な疑問。

 

何で国立劇場がPPAPのカバーをYouTubeにあげたのか?

歌詞に出てくる「Sampo」って何よ?

 

気になったのでちょっくら調べてまいりましたよ٩( ‘ω’ )و

<スポンサーリンク>

PNSP(ペンヌリサンポーサンポーペン)の歌詞や動画は?

こちらの動画が”国立劇場版PPAP”の”ペンヌリサンポーサンポーペン”の動画ですね。

 

う〜ん。シュール(笑)

 

歌詞のベースはPPAPと同じ作りなのですが、”Apple”や”pineapple”の変わりに「Sampo」と「Nurisanmpo」という物や言葉に変わっていますね。

PNSP(Pen-Nurisanmpo-sanmpo-pen)

 

I have a pen

I hanave a sampo

Ah!

Sampo pen!

 

I have a pen

Nurisanmpo

Ah!

Nurisanmpo pen!

 

Sampo pen!

Nurisanmpo pen!

〜間奏〜

Pen-Nurisanmpo-sanmpo-pen!

Pen-Nurisanmpo-sanmpo-pen!

 

オリジナルPPAPと同じく1番のみの歌詞ですが、

途中に間奏というかダンスタイム(?)があり、国立劇場マスコットキャラクターである“くろごちゃん”がバックの演奏に合わせて、躍動感があるんだかないんだかわからないダンスを披露していますね^^

 

楽曲・動画としての完成度も非常に高く、国立劇場の”本気”を感じましたよ( ´∀`)

<スポンサーリンク>

三方(Sampo)の意味や動画をあげたきっかけは?

まず、「Sampo」の意味から行ってみましょう!

 

Sampoを漢字で書くと

「三方」または「三宝」

と書きます。

 

読み方は「さんぼう、さんぽう」二つあるそうです。

 

Wikipedia先生によると意味は、

三方(さんぼう、さんぽう)とは、神道の神事において使われる、神饌を載せるための台である。古代には、高貴な人物に物を献上する際にも使用された。寺院でも同様のものが使われる。三宝(仏・法・僧)にかけて三宝(さんぽう)と書かれることもある。

引用:Wikipedia

とのこと。

 

PNSPの動画で見て「どっかで見たことあるな〜」って思ったんですが・・・

 

これ、十五夜で団子乗っけるアレですよね(語彙力)

 

お供え物を乗っけている画像なんかもよく目にしますが、

三方(三宝)って名前だったんですね。

 

PNSP内の「Nurisanmpo」は、三方に漆塗りや朱塗りを施した物を「塗り三方」というそうです!

 

よくこれをペンと「Ah!」させようと思いましたね^^;

 

国立劇場はPNSPについて

「邦楽、伝統芸能の普及に一役買えればという思いです」

とコメントしており、

PNSP内で唄方(センター)をされていた「三代目 杵屋佐喜(きねやさき)」さんも自身のTwitterで、

とツイートされています。

 

伝統を大事にするため、守るため、その時代時代にあった広報活動をするというのは非常に柔軟な発想のように思います。

そして「PNSP」を通じて大きな注目を集めたわけですし、大成功だったのではないでしょうか??

国立劇場さん、楽しい動画をありがとうございました^^

<スポンサーリンク>