潘基文(パンギムン)が韓国次期大統領?経歴や学歴や日本との関係は?

   

 

img_0出典:Yahoo!ブログ - Yahoo! JAPAN

韓国の次期大統領は潘基文(パンギムン)氏?

11月29日午後、朴槿恵大統領が任期満了を待たずに辞任することを表明しましたね〜

 

TVなどでの報道を見ていると「ドラマみたいだなぁ〜」と、若干呑気な目線で経緯を見守っていましたが、日本に置き換えたらゾッとしますよね^^;

 

支持率4%・20代支持率0%と世界的に見てもありえない数字だったわけですが、辞任後も茨の道・・・というか、現実的に「生命の危機」でしょうw

 

韓国の大統領には「不訴追特権(韓国の憲法84条)」があり、

大統領について、内乱罪または外患罪を犯した場合を除き、在職中は刑事上の訴追を受けないと規定

があるのは有名な話ですよね。

 

韓国の大統領経験者って亡くなってしまったり、在任中の不祥事が元で任期後に御用になったりしますが。要は「バリア」が切れた状態になるわけですからね^^;

 

今の韓国の状況を見ると・・・ちょっと恐ろしいです(^◇^;)

 

さて、気になるのは"韓国の次期大統領"ですよね!

 

韓国国内の世論調査では、

潘基文(パンギムン)氏がリードしているとのこと。

 

潘基文(パンギムン)氏といえば、国連事務総長を10年務めていたことで色々と有名ですよね。

 

潘基文氏の経歴などをご紹介して行きたいと思います。

<スポンサーリンク>

潘基文(パンギムン)氏の経歴や学歴・プロフィール

96b11849出典:blog.livedoor.jp

名前:潘 基文(パン・ギムン、 반기문)

生年月日:1944年6月13日  72歳

出身地:忠清北道陰城郡杏峙村

出身大学:ソウル大学校外交学科・ハーバード大学ケネディ行政大学院

 

潘基文氏は韓国NO1のソウル大学を優秀な成績で卒業し、同月には”高等外交官試験”に合格します。

韓国外交部に入部してからはトントン拍子で出世、1980年に外交部国際組織条約局国連課長に就任

外交部派遣によりハーバード大学ケネディ行政大学院に留学し、1985年4月に修了、修士号を取得します。

 

その後の潘基文氏の経歴はまさに"外交一筋"で主に海外勤務畑を歩んでいきます。

 

経歴を年表風に纏めますとこんな感じになります↓

 

1987年7月 駐米大使館総領事

1990年6月 外交部米州局局長

1992年2月 外相特別補佐官

1992年7月 駐米公使

2000年1月 外交通商部副長官

2001年5月 国連大使

2003年2月 盧武鉉大統領(当時)の外交政策補佐官

2004年1月 外交通商部長官(外務大臣)

2006年2月 国連事務総長選挙に立候補することを表明

2007年1月 第8代国際連合事務総長職を務める

 

学歴・経歴だけ見ても「スーパーエリート」って感じの潘基文氏ですが、

国連事務総長を務めた10年間に関してボロクソに言われています(^_^;)

 

「無能」・「縁故主義」・「国連を私物化」などなど、とにかく罵詈雑言の嵐ですw

これは一例ですが

 

イギリス・エコノミスト→「(国連内の)行政能力でも(国連外の)統治能力でも失敗した事務総長とみられている」「話が下手で手続きに執着し、懸案への素早い対応能力や業務の深さも不十分だった」

イギリス・ガーディアン→「透明人間」

アメリカ・ワシントンポスト→「縁故主義」

 

アメリカ外交専門誌・フォーリンポリシーに至っては「なぜ潘基文は世界で最も危険な韓国人なのか」という論説が2号に跨って掲載されたりもしてます。

 

世界中のメディアからかなり叩かれてる潘基文氏ですが、その理由に関しては

有力ポストに韓国人や親類を次々と起用した事・活動内容がペラペラ&声明の発表のみで国連を今まで以上に形骸化させた事・人の話を聞かないetc...

などですね。

 

具体的には

娘婿のインド人を国際連合イラク支援ミッション (UNAMI) の官房長に任命したり、温暖化対策や世界的なテロに対しての対策や協力体制の強化などを怠ってきた

などが挙げられます

 

まぁ・・・国連の形骸化は今に始まったことではありませんが、それにしても酷かったってことですね。

 

家族に関しての情報がネット上で全くなかったのですが、娘がいるってことは結婚されているようですね。

家族構成などは分かっていませんので、そこらへんはわかり次第追記とさせてくださいm(__)m

 

そんな潘基文氏ですが、韓国次期大統領に意欲を見せているご様子で。

<スポンサーリンク>

潘基文が韓国次期大統領?日本との関係は?

12月末で10年間の任期を終える国連の潘(パン)基文(ギムン)事務総長は28日、国連本部で産経新聞など日本メディアとのインタビューに応じ、取り沙汰される次期韓国大統領選への出馬をめぐり、「私人として来年1月に韓国に戻った後、母国のために何ができるか、何をすべきか、友人や韓国社会の指導者たちと議論したい」と述べた。

引用:産経ニュース

 

国連事務総長の任期が年内で切れる潘基文氏にとっては、朴槿恵大統領の辞任に関しては「もうちょっと頑張れよ・・・」だったかもしれませんね^^;

 

朴槿恵大統領は「談話」を発表してるだけで、まだ辞任とはなっていませんが、

辞任となった場合、憲法の規定では黄教安(ファン・ギョアン)首相が大統領の職務を代行し、辞任から60日以内に大統領選挙が行われることになります。

 

完全にここからは党利党略の駆け引きとなりますが、野党は12月2日にも国会の本会議で弾劾を求める議案の採決を目指しています。

可決される公算がかなり高いですが、事務総長の任期がギリギリ残っているこのタイミング・・・、潘基文氏の出馬って大丈夫なのかな??

 

準備に関しても時間が足りないような気もしますよね。

 

とはいえ、潘基文氏は今年9月の段階で世論調査でトップになっているご様子。

 

1位・21.5%・潘事務総長

2位・14.8%・文在寅(ムン・ジェイン)元民主党代表

3位・6.9%・安哲秀(アン・チョルス)元国民の党共同代表

4位・4.5%・朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長

※韓国SBS調べ

 

SBS調べの世論調査では昨年9月から支持率20%程度を維持している潘基文氏ですが、「そんなわけあるかい!!」と韓国国内ではこの世論調査そのものがおかしいって声もあるようです。

国連での悪評は韓国国内でも話題になっているようですから、この数字通りとはいかないのが実情でしょうね。

 

さて、仮に潘基文氏が大統領になった場合、日本との関係はどうなるんでしょう?

 

"潘基文氏と日本"といえば、

2006年に潘基文氏が国連事務総長に立候補した時、日本の外務省や当時の大臣・麻生太郎氏が賛意を表明したこと。

慰安婦問題を始めとする対日問題は"韓国政府の主張を全面的に支持"

などが思い浮かびます。

 

国連事務総長という立場でありながら、日本に対して中立な発言をしていないイメージがありますが・・・

これに関しては大統領になったとしたら、さらに酷くなるように思えてなりません。

 

もちろん、選ぶのは韓国国民とはいえ、「ちょっと勘弁してくれ」ってのが私の本音でもあります(^◇^;)

 

韓国国内では、「ろくな候補がいない」「日本から安倍総理を輸入しよう」なんて声もあったりするようですが、果たして次の大統領はどなたになるのか・・・

注視していきたいと思います。

<スポンサーリンク>

 - その他