回転寿しからなぜ醤油皿(小皿)が消えたのか?調べてみました

   

小皿がない?回転寿しから醤油皿が消えた?

G・W真っ只中ということもあり、外食をするご家族が多いのではないでしょうか?

特に人気なのが「回転寿し」ですよね。最近はかなりリーズナブルでクオリティーの高いお店も増えてきましたが、そんな回転寿司店にひとつの異変が起きています。

醤油皿がない

ということ。

 

えっ?どういうことなの??喰えないじゃん??

ということで、一体どういうことなのか調べてみました。

 

<スポンサーリンク>

☆本当になくなっていた醤油皿 その理由は?☆

実際に調べてみたところ、

チェーン展開している人気店「スシロー」はこのような回答をしています。

「実は、小皿を廃止したのは15年のことになります。それまでも、関西など一部地域では食文化の面から小皿を設置しておりませんでしたが、適量を出すことができるプッシュ式の醤油さしを全店で導入したことに合わせ、全国的に廃止する運びとなりました」

引用:JCastニュース

と、なんと15年も前から廃止にしていたのですね。

他にも、大手チェーンの「くら寿司」も小皿廃止の方向に向かっているとのこと。

何故、醤油皿・小皿が廃止されている・向かっているのかというと、

コストカット・そもそも必要性を感じてなかった

が主な理由ということ。

値段を極限まで安く設定し、薄利多売での商いである以上、

洗い物を減らすという意味でのコストカットはわかりますが、

必要性を感じていなかったというのはどういうことでしょうか?

 

これも、意外な話ですが、

そもそも寿司は刷毛で醤油をぬって出すもので、小皿に醤油をいれ、つけて食べるのはここ最近の風習

ということなんですね。

 

それと、醤油容器の変化などに代表される「各企業の創意工夫」の結果、

ワンプッシュ分をだせる醤油などが開発され、

寿司皿に直接かける人が増えている

ということみたいです。

ただ、基本的にお店の人に言えば小皿をだしてくれるとのことです。

<スポンサーリンク>

☆まとめ☆

私は「醤油皿必要派」なのですが、これも時代なのかなぁ〜と思ったりもします。

お店としては「元々必要性を感じてなかった」ってのも意外ですが、

何よりも意外なのは、

寿司屋にアイスクリームやケーキがおいてある時代になった

ってことですかね^^;

<スポンサーリンク>

 - 疑問