ドゥテルテ大統領の経歴やプロフィール!家族や嫁も気になる!

   

_89587533_d59e0441-e4f3-4398-b635-62372374a3fb出典:BBC.com

フィリピン・ドゥテルテ大統領が気になる!

皆様どもです!puraと申しますm(__)m

 

漠然と「海外旅行したいなぁ〜」と思いまして、

年に数回は海外に行く旅行好きの友人に、

「オススメの国や地域ってどこ?」

って聞いたんです。

 

そしたら、

「フィリピンのセブ島!」

と、喰い気味に答えてくれまして。

 

セブ島・・・たまに聞くなぁ〜と思いつつ、

「どこにあるのかな?」と調べて見たら

フィリピンなんですね〜。筆者は初めて知りました。

 

ネットサーフィンしつつ画像やら旅行日記とか見ていると、

物価が安い・英語が常用語・食事は日本人に合う・基本的に治安は良い

常夏・自然が多い・ネット環境は整ってる・夜遊びも出来る

など、かなり「素敵やん?」な感じで。

 

行きたい気持ちがムクムクと・・・^^;

 

まぁ・・・行けても来年かなって感じなんで、それを目標にお仕事頑張ろうって思ったわけです。

 

フィリピンといえば、最近よく耳にする「ドゥテルテ大統領」。

10月25日に来日したってこともあり、かなり話題になっていますよね〜

 

ぶっ飛んだ発言や行動が大きくクローズアップされている方ですが、

フィリピン国内ではかなり人気な方のようで。

 

一体どんな方なのか?

 

ちょっと気になったので調べてみました〜

<スポンサーリンク>

ドゥテルテ大統領の経歴やプロフィールは?

9e1d7c72f3bae798450439fdabb72e9c出典:Naverまとめ

ロドリゴ・ロア・ドゥテルテ(Rodrigo Roa Duterte)

1945年3月28日生まれ 71歳

フィリピン・レイテ島・マアシン出身

父親は法律家・母は学校教師

 

大学卒業後はダバオの検察官として約10年働いた後、政界に進出した

母方の祖父が華人で呂(Roa)という名字を名乗っており、母親の旧姓もRoaであった。ドゥテルテも中国語についても「聴いてて理解できる」と語っており、前述の外祖父が中国人であると発言している

政界進出後、1988年にダバオ市長に選出・3期務めた後に下院議員となる。※フィリピン共和国憲法の多選禁止規定の為

その後、改めてダバオ市長選挙に出馬し当選、その後3期務めますが、

2010年のダバオ市長の改選では憲法の多選禁止規定により、自身は立候補できず、娘のサラ・ドゥテルテを立候補させ当選、ドゥテルテは副市長に就いた。

2013年の市長選挙で再び出馬し当選、7期目の市長を務めることとなった。

2015年11月にフィリピン大統領選に出馬表明

2016年5月9日の開票で大差をつけ勝利

同年6月30日、第16代フィリピン大統領に就任する

参考:Wikipedia

 

ウルトラざっくりですが、ドゥテルテ大統領の経歴・プロフィールでした〜。

 

ドゥテルテ大統領の有名なエピソードといったら、

市長としてダバオの治安を劇的に改善した

ってことですよね。

 

ハーレーに跨り、市長自ら現場に乗り込んだりと、

超法規的な処置で犯罪者を徹底的に追い詰めていく

 

日本では考えられない話ですよね^^;

治安は劇的に回復し、現在ダバオは「東南アジアで最も平和な都市」を標榜しているのですが、ドゥテルテ氏が行った犯罪者排除の手法は「人権蹂躙」として、数々の人権団体が批判・抗議をしています。

まぁ・・・そうですよねw

大統領選では「経済・犯罪対策・対中問題」などが焦点となっていたのですが、ドゥテルテ氏は具体的な政策を語っていないようです^^;

 

日本で有名になったのは、

大統領選での過激な発言の数々で「フィリピンのトランプ」と多数のメディアで取り上げられてからですね〜。

ちなみにそれは本人の耳にも入っているそうで、「トランプは偏見の塊だが、私は違う」とコメントを出していますw

 

ドウテルテ氏の人気は国内では大層なもので、支持率は80%超とも言われています。

個人的には・・・ちょっと怖い感じがするのですがね^^;

<スポンサーリンク>

ドゥテルテ大統領の家族や嫁は?

ドゥテルテ大統領には離婚歴があるそうです。

 

離婚の原因は「ドゥテルテ氏の浮気」で、

ドゥテルテ氏はその浮気相手と現在内縁関係だそうです^^;

 

元妻のお名前はエリザベス・ジンマーマン

 

内縁相手と正式に結婚していない理由というのは、

元妻のエリザベス・ジンマーマンさんが存命中は結婚しないと決めているから

だそうです。

 

現在エリザベス・ジンマーマンさんは乳がんで闘病されていて、ドゥテルテ氏は医療費を負担しているんだとか。

こういった話を聞くと、「実はいい人」と思えちゃいますよね^^;

 

その元妻の間に3人、そして内縁関係の女性との間に1人子供がいます。

 

元妻→パオロ・サラ・セバスチャン

内縁女性→ヴェロニカ

 

そのうちの一人、サラ・ドゥテルテさんは弁護士をされていますが、先ほど経歴でご紹介したように、2010年ダバオ市長に就任されています。

 

以上、ご家族の紹介でした〜。

 

ドゥテルテ氏は親日と言われているようですが、

対アメリカ・対中発言などを見ていると、ちょっと何を言い出すかわからない部分も多そうですよね^^;

 

個人的には、隣人にいてほしくないタイプの方ですが、

今後の発言や行動に注目していきたいと思います〜

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

<スポンサーリンク>

 - その他