加藤隆って誰?出身大学や作品をwiki風に纏めてみました

   

加藤隆(りゅう)さんの世界!その作風と魅力

報道ステーションが2016年4月からリニューアルされ、

OPも新しくなりましたよね。

古館さんの時の「赤い糸」も素敵でしたが、今回のOPも凄い素敵な

作品でした。今日の報道ステーションで特集もされていましたが、

加藤隆

とう方が作成されています。

どういう方なのか纏めてみました!

<スポンサーリンク>

☆プロフィール☆

加藤陵

 

加藤 隆 (カトウ リュウ)

1980年 秋田県生まれ 現在35歳
2004年 多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業
2007年 東京藝術大学大学院デザイン科修了

絵画、ドローイングの技法を活かしたアニメーション表現を中心に、映像作家として活動中。
人の手から生まれる躍動感や偶然性を重視しながら映像を制作している。
短編アニメーション、MV、ライブ映像、TV番組アニメーションの制作を中心に活動中。

参考:引用:公式ページより

 

現在は様々なジャンルで活躍されています。

柔らかくも躍動感のある作品、流麗な線や暈した表現、力強いタッチ等々

本当に素敵な作品を世に出されていますが、

特に有名なのは有名アーティストとのライブ映像ではないでしょうか??

<スポンサーリンク>

2009年にはレミオロメンのライブでの映像を手がけています

TOUR 2009「風のクロマⅡ」ライブ映像「オープニング」「青春の光」「星取り」「透明」「sakura」】

そして、
Mr.Childrenのライブ映像も手がけていて

2015年 未完 「ニシエヒガシエ」
2015年 REFLECTION「WALTZ」 アニメーション美術(半崎信朗監督と共同制作)

そして、

劇場版アニメ映画『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』
ではオープニングパート美術を担当されています!!

他も

麒麟淡麗のCMアニメーションや
浜田省吾のライブ映像 「RISING SUN」

様々なジャンルで活躍されています

 

☆まとめ☆

今後、さらに有名になっていくであろう加藤隆さん。

まだ35歳と若いですが、歩まれてきたキャリアは本当に多種多様です。

独特の世界観を生かして、更なる飛躍を期待してしまいます!

<スポンサーリンク>

 - TV・ドラマ・CM