札幌ペットショップ火災の原因は一体何?多数の犬・猫が犠牲に

   

ペットショップで火災!被害は?

4月28日の午前7時、札幌のペットショップで火災がありました。

多数の犬・猫が犠牲になってしまいました・・・

私puraは今年で19歳になるニャンコと暮らしてます。

ニュースを見たとき、思わず近くにいたニャンコを抱きしめました。

・・・盛大にいやがられましたが。

 

まずネタ元の記事を確認してみましょう。

28日午前7時半ごろ、札幌市西区発寒14条5丁目の
「ペットショップビバリー」で、
「排気口から大量の白煙が出ている」と119番があった。

西署によると、木造2階建ての店舗兼ホテルを焼いた。

建物内には犬や猫50~60匹がいたとみられ、生き残ったのは9匹だけという。
出火当時は無人で施錠されていたといい、西署が出火原因を調べている。

引用:産経ニュース

<スポンサーリンク>

本当に悲しいニュースです。

あまり情報はありませんでしたが、調べてみました

ペットショップ
出典:www.bobshu.co.jp  ※画像はイメージです

<スポンサーリンク>

☆どんな状況だったの?原因は?☆

調べてみると、消防への通報内容と状況は

午前7時半ごろ、通りかかった人が

「黒い煙が出ている」

ということと、

当時お店には人がおらず、施錠はされていた。

とのことです。

「排気口から白煙・外から黒煙」

ということは、

午前7時半の段階ではすでに半焼以上になっていた

ということでしょうか。

 

このお店は上のネタ元記事の通り、

1階ペットショップ・2階ペット用ホテル
となっていることから、

預かっていた犬や猫もいた

ということになります・・・。

自分の飼っている猫だったらと考えると
もはや他人事ではありません。

出火原因に関しては、

現在警察の調査中

という情報のみとなっていますが、

放火だったとしたら、本当に許せません。

警察の発表を待ちたいと思います。

 

☆まとめ☆

正直なところ、ここ最近のニュースの中で一番なんとも言えない気持ちになったニュースでした。

自分が猫を飼っているということもそうですが、飼い主の方々の気持ちを考えると胸が苦しくなります。。。

亡くなった猫・犬のご冥福を祈るとともに、

一刻も早く捜査が進展することを願います。

<スポンサーリンク>

 - 事件・事故・社会問題