競歩・荒井広宙(ひろおき)失格シーンの動画や画像は?銅メダル取り消し?

2016041700018_1

出典:dot.asahi.com

荒井広宙(あらいひろおき)が失格!銅メダル取り消し!?

NEW!!

失格取り消しを求めていた日本側の上訴が認められ、荒井選手の銅メダルが確定しました!!

 

皆様どもです!puraです!

リオオリンピック終盤となりましたが、日本選手のメダルラッシュは凄いですよね!

8月19日〜20日も、シンクロ団体の銅メダル獲得も本当に感動しました!

僅差の争いの中で一つもミスが許されない中での渾身の演技は鳥肌がたちました。

 

そしてシンクロの前に行われた男子50キロ競歩!

荒井広宙(あらいひろおき)選手も凄かったですよね!

 

ラスト2kmでカナダの選手に追い抜かれた後に抜き返し、懸命に順位を死守しての3位フィニッシュ。

日本競歩界初のメダルを掴み取りました!!

 

・・・と、ここまでは良かったんですが、

なんとカナダ側からの抗議を受けて、荒井選手は失格になったんです!!

 

なんで??

<スポンサーリンク>

荒井広宙(ひろおき)選手はなぜ失格になったの?

銅メダルは幻に…。男子50キロ競歩が行われ、昨年の世界選手権4位の荒井広宙(28=自衛隊)は3時間41分24秒の3着でゴールしたが、他選手を妨害したとして失格となり、日本競歩初のメダル獲得はならなかった。

 レース終盤に4着だったエバン・ダンフィー(カナダ)と接触。ゴール後にカナダ側が抗議していた。

 終盤まで上位でレースを進め荒井は45キロ地点でトップと26秒差、2位とは4秒差の3番手。49キロ付近で一度はダンフィーに抜かれたが、抜き返し、最後は2位のタレントにも迫る勢いを見せてゴール。ダンフィーには12秒差をつけていた。

引用:YAHOOニュース

 

ニュース記事だけですとわかりにくいと思います。

 

問題の接触シーンですが49km付近で起きました。

 

3位をキープしていた荒井選手が4位だったカナダのエバン・ダンフィー選手に一度抜かれた後、抜き返した際に腕がぶつかり、エバン・ダンフィー選手がよろめいた事

ここが争点になってます。

スクリーンショット 2016-08-20 1.39.24

出典:gorin.jp

スクリーンショット 2016-08-20 1.39.45

出典:gorin.jp

スクリーンショット 2016-08-20 1.46.56

出典:gorin.jp

画像だけではわかりにくいとおもいます。

 

ハイライトを含め、こちらのサイトで見る事が出来ます。(接触シーンは1分40秒頃)

gorin.jp

 

この接触に関して、カナダ側が抗議して認められ、荒井選手は失格となりました。

 

ただ、日本側も現在抗議しており、

カナダの抗議が覆り、順位通り荒井選手が銅メダルの可能性もあります。

追記

日本の抗議が認められ、荒井選手の3位・銅メダルが確定した模様です!

 

 

<スポンサーリンク>

ルールとしてはどうなの??

こういった「レース中に腕が接触する」ということは競歩ではよくある事のようで、

失格処分を受けて、荒井選手は

「朦朧として覚えていないが、腕がぶつかったような気はする。競歩で腕がぶつかる事はよくあること」

と話しています。

 

レースをリアルタイムで見ていたのですが、

カナダのエバン・ダンフィーは足がつりかけていてふらふらの状態だったので、ほんのちょっとの接触で大きくよろめいた

・・・っていうようにも見えました。

 

競歩のルールをWikipedia先生で見てみても、「常にどちらかの足が地面に接していること」に関してのルールばかりで、接触に関するルールはありませんでしたが、常識的な範疇での規定だと思われますので、

妨害行為か否か

というのが争点ということですね。

 

私が見ていた限り、意図的にぶつかりにいったようには見えなかったのですがね・・・

 

結局のところ、荒井選手の3位が確定したということですから良かった良かった^^

 

最後までお付き合いありがとうございましたm(__)m

<スポンサーリンク>