稲川淳二の怪談ナイト2016で心霊写真が動いた?会場が一時騒然に!

   

maxresdefault

出典:topicks.jp

稲川淳二の怪談ナイト2016で起きた現象

皆様どもです〜!puraです〜

日中はカンカン夜はジメジメと、連日過ごしにくい日々が続いていますが、皆様体調は大丈夫でしょうか??

私は冷たい物を飲み過ぎて、ちょっとお腹の具合が宜しくないです^^;

これだけ暑いと室内に籠りがちになり、最近運動不足でして・・・

毎日夜に散歩をするのが日課になっています。

 

ジメジメしているとはいえ風があると気持ちいいものですが、生暖かい風が通り過ぎると、ちょっとゾワっとしてしまうこともしばしば。

そういった時、きまって怖い話を思い出してしまいます。

 

夏と言えば怪談話ですが、私は決まって冬に不思議な経験をしています。

・・・まぁこれは今度の機会にお話しします^^;

 

怖い話・怪談話ってドキドキしますよね??

私も怪談話に目がなくてですね、特に「怪談話の大家」と言っても過言ではない「稲川淳二」さんの怪談話が大好きでして♪

 

・聞き取り難い滑舌から繰り出される擬音

・『こわいなぁ〜こわいなぁ〜』等の定形句

・稲川落語という新スタイル

 

最高ですよね!

 

稲川淳二さんが24年続けて行っている「稲川淳二怪談ナイトツアー」には毎年欠かさず観に行ってます。

 

昨年の青年会館公演が非常に印象的で、「オチを言い間違える」というお茶目な一面を見せてくれた座長(稲川さんのあだ名です)

今年はどうかな〜って楽しみに観に行ったのですが・・・

 

会場が一時騒然となる出来事が起きました

 

何が起きたかというと、

 

心霊写真が動いたんです

 

※この記事をお読みになって受けたなんらかの被害に関しましては、当サイトでは一切の責任を負いかねます。

また、ここから下は心霊写真(と言われる物)を交えての記事になります。

苦手な方はブラウザバックをお願い致します。

 

<スポンサーリンク>

写真が動いた?一体どういうこと?

状況を説明致しますと、

稲川淳二怪談ナイトでは、怪談話が終わった後に心霊写真を紹介・解説するのが定番になっています。

その中で、毎年のように紹介されている写真があります。

 

白鷺が湖面から飛んでいく風景写真なのですが、

連続で4枚とった写真なんだそうです。

 

そのうちの3枚目にのみ「あってはならないもの」が写っていたと。

稲川淳二さん曰く「あってはならないものが写っているのが心霊写真」なんだそうです。

 

その写真がこちら。

5867bcd2

出典:うしみつ

水面から人の顔らしきものが出ている写真。

この写真を毎年怪談ナイトで紹介しているのには理由があります。

 

毎年少しずつ、顔がこちらに向いている

 

というので、紹介されていました。

稲川さん曰く、悪いものではないそうです。(本当かよw)

 

この写真を大型のスライド?プロジェクター??に映してポインターを使って解説をしていた後でした。

客席最前列の方をいじるというお決まりのサービスを稲川さんがしていたとき、「ん?」っと思う事が起きたんです。

写真の男性霊(?)のおでこ辺りにシミが広がっていき、少ししたらシミが消えていきました。

その後、湖面が波立ったんです。

 

会場にいた1000人以上の方のうち、多分100人くらいは見ていたと思います。

客席がざわつきはじめ、稲川さんが異変に気づいて写真に目をやり・・・

 

「あ、本当だね。動いてるね。」

 

っと。

 

その後、何事もなかったように次の写真を紹介していましたw

<スポンサーリンク>

実際問題、心霊現象だったの?

私は心霊現象というものには懐疑的な考えを持っていますが、「科学的に説明できない事象」というものは存在するとは思っています。

今回の事象は「機械のトラブル」とか「ライトの問題」かなぁ〜?とは思うのですが、

心霊現象にある種のロマンを感じている人からしたら「非常にラッキーな公演回」だったように思います。

因みに、夏の怪談ナイトツアー終了後には「冬の怪談ナイト」もあります。

稲川淳二怪談ナイト公式サイト

クリスマスに怪談デートってのも斬新で面白いのではないでしょうか??

 

最後までお付き合い、ありがとうございましたm(__)m

 

<スポンサーリンク>

 - その他