六角精児が相棒降板を発表!理由や原因は?水谷豊と不仲が原因?

   

images

六角精児が『相棒』卒業を自身の口から発表!

今年で16年目を迎えた大人気ドラマの「相棒」

本当に面白いですよね〜!

脚本・演出が実に秀逸で、基本1話完結の作品でありながら、ポイントポイントで様々な伏線をちりばめてあり、

ライト層もヘビー層にも対応している良質なドラマであると筆者は考えています。

 

ドラマ作品の成功のひとつのバロメーターとして挙げられる

『人気脇役の存在』ですが、本当に個性的なキャラが沢山いますよね!

暇課長・小野田官房長官・一課の面々、

そして何と言っても六角精児さんが演じる「米沢守」ですよね!

 

前シーズン『相棒・シーズン14』の最終回「ラストケース」で、『鑑識引退・警察学校の先生』となってしまいましたよね〜

 

ラストケースは「反町隆史」だと誰もが思っていたところでのサプライズだったわけですが・・・

警察学校の先生として今後のシーズンでどう右京達と関わって行くんだろうって思ってた方が多数いらっしゃるとおもいますが、

 

なんと、六角精児さん自ら「降板」を発表しました!!

 

<スポンサーリンク>

相棒降板の真相は?いつ発表したの??

images-1

6月24日に行われた六角精児のバースデーライブで、自らの口から発表されました。

「実は、このたび長らく出演させていただいていた『相棒』にひと区切りをつけることになりまして……」

「16年もやってきて、新たなことをやりたかった。それを水谷さんも応援してくれたんです」

「よ~く考えてみると、定期収入ってのはすごく大事だから、辞めないほうがよかったかなって今になって少し思ったりもするんですけどね」

 

事務所からの正式発表ではありませんが、どうやら間違いないようです。

 

TV朝日からは

「シーズン14の最終回で、警察学校の教官になっているので、これまでのように直接事件にかかわる鑑識という立場での登場はなくなりますが、米沢守というキャラクター自体は、立場を変えて引き続き『相棒』ワールドに存在しているので……。今後、登場するかしないかは、10月から始まる新シリーズを見ていただければと思います」

とのようなコメントを出されているようです。

 

残念ながら降板は確定のようです・・・。

「米沢守」の大ファンなのでちょっとショックです><

 

追記

TV朝日サイドから更にコメントがあり、

「完全降板ではなく、次シーズンの出演がないということで、公開予定の映画には出演される」

との事です。

六角精児さんのコメントとちょっとニュアンスが違いますね^^;

 

実は筆者は六角精児さんを何度かお見かけしたことがありまして^^;

 

仕事柄、下北沢にいくことが多く、ちょっと時間を潰すのにパチンコ屋さんに立ち寄ると、六角精児さんが普通にパチンコしてる・・・と(笑)

昔からパチンコ大好きのようで、時間があれば今でもうちに行くようですね〜

 

相棒を卒業して「新しくやりたいこと」って、まさか・・・(笑)

 

<スポンサーリンク>

冗談は置いておいて、

相棒の都市伝説で「水谷豊さんの意向で相棒がかわる」なんて言われています。

今回の降板はまさか?・・・と一瞬頭によぎったのですが、

16年一緒にやってきてるわけですし、六角精児さん本人からも

「新しくやりたいことを水谷さんも応援してくれてる」

って語ってますし、不仲とかではないでしょうね〜

 

水谷さんが応援してくれる新しくやりたいこと・・・

パチンコではなさそうですね(笑)

 

真面目に考えると、

相棒は1年に1回・サッカーや野球のような「シーズン制」で放送しています。

ほぼレギュラーで出演となると、かなり時間的に拘束されますし、そして何より、

『米沢守のイメージが強過ぎる』ってことではないでしょうか?

 

これは、ご本人が随分前に語っていた事ですが、

「米沢さん!」って一般の方に声をかけられる。

 

これは、ある意味役者冥利に尽きる事とは思いますが、

違うチャレンジをしたくてもイメージ的にどうしても米沢守がついてくる、そういった部分でのご自身での葛藤

という事なのか??って、思います。

 

今後どのようなチャレンジをされるかはわかりませんが、

六角精児さんのやっていきたい「新しい事」に注目していきたいと思います!

 

<スポンサーリンク>

 - TV・ドラマ・CM