永青文庫へのアクセス・行き方は?歌仙兼定のグッズと展示はいつまで?

      2016/07/15

lgi01a201309270500

注:イメージ     

『歌仙兼定』が永青文庫で展示!

刀剣乱舞の人気って本当に凄いですよね!

艦これでの成功ノウハウを元にしているとはいえ、

『刀剣女子』という一つのムーブメントを作ったわけですし、ブラウザゲームの傑作といっても過言ではないと思います。

 

私もちょっとやってみたのですが、

『刀剣の擬人化』と『しっかりとした歴史考証』『人気声優だけでなく、若手や人気になっていない声優も起用』

と、様々なビジネス展開も考えられている、多角的に隙の無いゲームになってますよね〜

 

美術館や博物館で『ゲームに登場する刀剣が展示される』となると、今まででは考えられない位の来場者数になったりしてますよね。

 

さてさて、今日入ったニュースもそんな刀剣女子歓喜のニュースでした!

<スポンサーリンク>

歌仙兼定ってどんな刀?

文京区目白台の永青文庫で、9日から室町時代の日本刀「歌仙兼定」が展示される。これに合わせ、刀剣を擬人化した内容が人気のゲーム「刀剣乱舞―ONLINE―」に登場するキャラクターのパネル展示も行われる。

「歌仙兼定」は、室町時代後期の美濃国関(現・岐阜県関市)を代表する刀工・二代兼定によるもので、肥後熊本藩の基礎をつくった細川忠興の愛刀とされる。

これに合わせて展示されるのは、同ゲームの中でこの刀に見立てたキャラクターの等身大パネルのほか、描き下ろしのイラストなど。スタンプラリーも計画されている。

こうしたキャラクターをきっかけに刀剣に夢中になる「刀剣女子」も増加しており、区は「地域に若い女性らたくさんの人を呼び込みたい」と意気込んでいる。

引用:読売ONLINE

これは・・・刀剣乱舞ファンのみならず、日本史好きにもたまらない展示ですよね!!

歌仙兼定といえば、細川忠興の愛刀として有名です。

1500年代に刀工・二代兼定によって生み出された打刀です。

 

 

皆さんご存知でしょうが、キャラクター画像はこちら

刀剣乱舞・歌仙兼定画像

 

さてさて、気になる今回の展示ですが、

『永青文庫』というところで展示されます。

 

<スポンサーリンク>

永青文庫へのアクセス・行き方

永青文庫

出典:永青文庫HP

●JR目白駅前より都営バス新宿駅西口行きにて、「ホテル椿山荘東京前」下車 徒歩5分
●東京メトロ 有楽町線「江戸川橋駅」下車 出口1aより徒歩15分

●東京メトロ 副都心線「雑司が谷駅」下車 出口3より徒歩15分

●東京メトロ 東西線「早稲田駅」 下車 出口3aより徒歩15分。

どの行き方でも大差ないですが、JR目白駅からバスってのが一番歩く時間が短いですが、江戸川橋駅や雑司ヶ谷駅から歩いてもそんなに遠くないですし、道もわかりやすいですよ♪

 

展示はいつまで?開・閉館時間や入場料は??

 

「夏期展示」としての展示になるようなのですが、永青文庫さんもわかってらっしゃる。

タイトルは・・・

 

「歌仙兼定登場」

 

です(笑)

 

会期と開館・閉館時間ですが、

7月9日(土)〜10月2日(日)

10:00~16:30(入館は16:00まで)

となっています。

 

注意しておかなければいけないことは、

毎週月曜日は休館(但し7月18日、9月19日は開館し、翌日休館)

ってことです!

 

入場料は

一 般:1000円(団体10名以上は900円)
シニア(70歳以上):800円(団体10名以上は700円)
大学・高校生:400円
中学生以下:無料
※障害者手帳をご提示の方およびその介助者(1名)は無料

 

歌仙兼定だけじゃない!?図録も販売!

 

素敵なポスターですよね!!

残念ながらポスターの販売は無いようですが、図録の販売はされるようです〜!!

刀剣ファンにはたまらないですよね!

 

そして、今回の展示では「歌仙兼定」だけではなく、

細川忠興の鎧・具足も展示されます!

 

こちらも1500年代に作成された物です!!

 

いや〜、本当に楽しみな「歌仙兼定登場」

混雑は必死でしょうが、私も行ってみたいと思います〜♪

<スポンサーリンク>

 - その他