鈴木亜由子(陸上)の経歴やプロフィール!彼氏や大学は?リオ五輪代表!

   

imgres-1

鈴木亜由子がリオオリンピックへ!日本選手権1万メートル優勝!

陸上選手(トラック競技)にとっての、リオオリンピック出場の最後のチャンス「陸上・日本選手権」が6月24日からはじまりましたね!

 

オリンピック出場のラストチャンスということもあり、各選手の意気込みたるや相当なものがありますよね。

 

4年に1度ですし、選手としてのピークもありますし、オリンピックに出場するためにずっと頑張ってきた選手も沢山いらっしゃるでしょう。

 

誰かを特別贔屓にして観ていたはずが、気がついたらみんな応援している自分も発見したりして、

 

スポーツの力って本当に凄いなと実感する日々です^^;

 

さてさて当ブログで、「リオオリンピック特集」と銘打って、様々な選手をご紹介しています。

 

今回は第6弾となります!

 

冒頭で触れた「陸上日本選手権・1万メートル」で優勝し、リオオリンピック代表を勝ち取った、

 

鈴木亜由子さん

 

を紹介したいと思います!

<スポンサーリンク>

鈴木亜由子さん経歴(Wiki)・プロフィール!

鈴木亜由子

鈴木 亜由子  (すずき あゆこ)

生年月日: 1991年10月8日(24歳)

身長:155㎝ 体重 38㎏

ニックネーム:あゆこ あゆちゃん

出身地:愛知県豊橋市

出身校:愛知県立時習館高等学校

出身大学:名古屋大学経済学部

所属:日本郵政グループ(2014年度入社)

自己ベスト:
1500m 4分18秒75
3000m 8分58秒08
5000m 15分08秒29
10000m 31分18秒16

 

体重38kg!?

小柄な選手とはいえ、大分軽いですね〜

長距離の陸上選手は、体脂肪率が数パーセントで、ウエイトそのものが軽くなるのは知っていたつもりですが・・・それにしても凄いですね^^;

 

鈴木亜由子さんを語る上で外せないキーワードがあります。

 

乗り越えた

 

っていう事です。

 

 

images

鈴木亜由子選手は小学校から豊橋陸上クラブという地元のクラブに入り、すぐにその才能を開花させます。

中学2年に出場した「全日本中学陸上競技選手権」で、800mと1500mで優勝、中学3年時には1500mと3000mで優勝、しかも3000mは中学歴代2位の好記録でした。

 

しかも、「中学には陸上部がなかったので、バスケットボール部に入っていた」ということです。

 

この時点で、既に将来を嘱望されていた鈴木亜由子選手ですが、順風満帆なキャリアを積む事は出来ませんでした。

 

愛知県立時習館高等学校に入学し、陸上競技部で本格的に陸上に取り組むようになった鈴木亜由子選手ですが、

足の甲の疲労骨折を2度発症して手術を受けたこともあるます。

その影響もあってか、なかなか思うような成績を残す事が出来なかったそうです。

 

普通の選手なら、ここで終わっていたかもしれません。

 

この当時の事を鈴木選手は地元愛知での講演でこのように語っています。

 

「厳しい時期というか、踏ん張る時期だったかなと思います」

 

高校3年生で出場した高校総体3000mで8位に入賞、このレースはとても感慨深いものになったそうです。

このレースがターニングポイントとなった鈴木選手。

 

完全に覚醒し、現在に到るまで数々の大会で好成績を残して行きます。

 

<スポンサーリンク>

大学〜リオオリンピックまで!恋人はいる?

2010年に『名古屋大学経済学部』に進学した鈴木選手。

他の大学という選択肢もあったようなのですが、

何故名古屋大学を選んだのか?

 

それは

「男子選手と一緒に練習出来る環境があったから」

らしいです。

 

どこまでもストイックですよね^^;

 

その選択が正しかったことは、大学での成績を見れば一目瞭然です。

大学1年(2010年)

世界ジュニア陸上競技選手権大会日本代表で出場し、女子5000mで5位入賞

大学2年、3年(2011・12年)

日本学生陸上競技対校選手権大会(インカレ)女子5000mを連覇

大学4年(2013年)

第27回夏季ユニバーシアード(ロシア・カザン)日本代表で出場し、女子10000mで金メダル、5000mで銀メダルを獲得

 

実に華々しい成績を上げています。

 

2014年大学卒業後は『日本郵政』に就職し、同年に結成された日本郵政グループ女子陸上部に第1期選手の中心選手として参加した後は、

第15回世界陸上競技選手権大会において5000mで日本歴代5位の記録で9位

 

第63回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会女子において10000mで31分48秒18で初優勝

 

2016年5月に行われたペイトン・ジョーダン招待陸上2016女子10000mでは31分18秒16(日本歴代8位)

 

この時点で、リオオリンピック1万メートルの派遣設定記録を上回る成績だったので、ほぼほぼ決まっていましたが

6月24日の陸上・日本選手権1万mにおいて優勝し、完璧な形でのリオオリンピックが決まった

というわけです。

現在日本でのランキングは1位ですし、リオオリンピックでも上位入賞は充分期待出来ると思います!

 

さてさて、可愛らしいお顔の鈴木選手ですが・・・

 

2016年6月現在、彼氏の情報は出てきていません!!

 

とは言え、一気に知名度も上がるでしょうし、今後浮いた話の一つや二つが出てきてもおかしくないですよね。

 

高行時代の苦難を乗り越えて、一気に才能を開花させた鈴木亜由子選手。

 

リオオリンピックでの活躍に期待したいと思います!!

 

 

<スポンサーリンク>

 - スポーツ