乾俊介容疑者の画像や住所は?診療報酬詐取で大阪の眼科医逮捕!

   

スクリーンショット 2016-06-09 3.27.35

眼科医の乾俊介容疑者が診療報酬詐取で逮捕!しかし…

「医者の不正行為」って聞いて真っ先に思い浮かぶのが、「診療報酬の架空請求」

最近では『タレント女医・脇坂英理子』の巨額の架空請求やら水増しやらで大きなニュースにもなりましたよね。

脇坂英理子被告の事件の際に同じくタレント女医として活躍している西川史子さんが

「架空請求や水増しはやろうと思えば出来る。けど、それをやらないから『医者』としていられる。」

というコメントが記憶に残っています。

 

こういった、「医者の不正金銭問題」って大抵の場合、共犯者・・・というか、協力者が存在しますよね。

持ちかける人・・・と言った方が正しいかも知れませんが、

脇坂英里子被告の場合も

詐欺の指南役とされる「早川和男被告」の存在が有りました。

 

6月8日に逮捕された大阪の眼科医も、どうやら唆された可能性が有りそうです。

 

<スポンサーリンク>

 

▽事件の経緯・乾俊介容疑者の画像や住所は?▽

詐欺と医師法違反の疑いで逮捕されたのは、大阪市住吉区で眼科を経営する医師・乾俊介容疑者(56)です。乾容疑者は2013年11月からの5ヵ月間、実際には診察していない患者(57)に処方箋を交付し診療報酬およそ2万1000円を自治体からだまし取った疑いが持たれています。

乾容疑者から処方箋を受け取った患者は、住吉区にある薬局の従業員で、先月別の病院の処方箋を悪用し調剤報酬をだまし取ったとして薬局の経営者とともに逮捕されています。

乾容疑者は調べに対し、「悪意があって診療報酬を請求したわけではない」と容疑を一部否認しています。

引用:gooニュース

 

この記事とおりならば、

 

単独での犯行ではなく、

薬局の経営者・従業員と共謀もしくはそそのかされた

と考えるのが自然なように感じます。

薬局を経営していた「原田実容疑者」は既に別の容疑で逮捕されています。

 

乾俊介容疑者は、

看護師が誤って診療報酬を請求した

と言っています。

 

確かに、医療点数計算やレセプトの作成は、医療事務の仕事ですけど、

これ、看護師が無実なら立派な名誉毀損ですよね。

<スポンサーリンク>

 

現在乾俊介容疑者の画像は発表されていませんが、

経営していた「いぬい眼科」の住所は

〒558-0014 大阪府大阪市住吉区我孫子3丁目6−9

いぬい眼科

地図はこちら

 

乾俊介容疑者住所は別のニュース記事に出ていました。

大阪市住吉区帝塚山中


架空請求金額は2万1000円と脇坂被告と比べると少額ではありますが、

犯罪は犯罪です。

 

医師として踏み越えてはいけない部分を踏み越えた報いは、しっかりと受けていただきたいですね。

<スポンサーリンク>

 - 事件・事故・社会問題