冨田真由が意識回復!後遺症や損傷は?詳細はどうなっている?

   

冨田真由

冨田真由さんが意識回復!

小金井市で起きた痛ましい事件。

意識が戻った・亡くなった等の誤報や憶測が飛び交っていましたが、

6月7日に意識が戻ったとの報道がありました!

 

岩埼友宏容疑者の凶行で20箇所以上にダメージを負っていた・・・という報道もありましたので、

かなり難しいかな・・・と思っていた部分もありましたが、

負けないで戻ってきたんですね!冨田真由さん本当に頑張りました!

本当に良かったです!!

 

まずはネタ元をご覧下さい!

<スポンサーリンク>

▽容態の情報▽

東京都小金井市で、アイドル活動をしていた亜細亜大3年、冨田真由さん(20)が刺された事件で、重体だった冨田さんの意識が回復していたことが7日、複数の関係者への取材で分かった。警視庁は冨田さんの容体が安定し、医師らの許可が得られ次第、事件当時の状況などについて話を聴く方針。

引用:産経ニュース

 

まず、意識が回復したことは何よりです。

情報によると

内臓にダメージがない

ということです。

 

これは本当に大きいです。

 

当初の報道では

首や胸に20カ所のダメージ

と言った報道ですが、

 

ネットなどでは、目などにもダメージを受けているという情報があります。

 

これに関しては、調べようがないので何とも言えませんが、

首・胸のみ・・・のように思います。

 

というか信じたいです><

冨田真由さんの今後の人生において、深い傷であることは間違いないでしょうが、顔に傷がある・・・というのは女性にとって計り知れない心のダメージになるでしょうから・・・。

 

▽Twitterでの反応▽

 

<スポンサーリンク>

 

皆さん心配している部分は

 

後遺症

 

ですよね。

 

首・胸だけのダメージ・・・と仮定しても、かなり様々なリスクがあります。

 

内臓にダメージがないということは、「生命活動」という観点では問題ないと思いますが、一番懸念されるのが

神経へのダメージ

神経の「経の太さ」によりますが、切断肢の再接着には神経縫合が重要な割合を占めます。術的に上手く繋げても麻痺などが残る場合が考えられます。

そして

甲状腺へのダメージ

私puraは甲状腺がんのキャリアがあり手術をしていますので、医者から説明されたことがあるのですが、

 

甲状腺は首の付け根にあるので、明らかにダメージを負っているとおもいます。

甲状腺は無くても生きて行けますが、チラーヂンという薬を飲み続ける必要があります。

そして、甲状腺内に4つある「副甲状腺」がダメージを負うと

カルシウムの生成が体内で出来なくなりますので、カルシウム剤を毎日飲む必要も出てきます。

これにかんしては、副甲状腺2つ生きていれば問題なく生成されるのであまりリスクにはなりえないと思います。

 

あとは、『輸血のリスク』

 

大きな外科手術を受けた事がある方ならわかると思いますが、

輸血が必要となった場合の為に同意書を書く必要があります。

 

血液感染する病気の中には「ウィンドウ期」と言って、検査で見つからない時期が存在する場合がありますので、

多少の出血が伴う手術であった場合は、まず輸血は行わず手術をします。

 

今回冨田真由さんは、かなりの出血をしているようですので、

ある程度のリスクが存在します。・・・と言っても、世界レベルで比較すると、日本の輸血は安全な方ですので、あまり心配するレベルではないと思われます。

 

トータルで考えた場合、

報道通りに「首・胸」だけの場合、情報を集めた素人の見立てですが、

後遺症はなく、大丈夫・・・のように思います。

 

最後に・・・

冨田真由さん、おかえりなさい!

どういった部分にダメージを負っているかは現時点ではまだわかりませんが、

歌手として、アイドルとして、冨田真由さんが目指している事がまた出来るようになりますように・・・。

<スポンサーリンク>

 - 事件・事故・社会問題