映画『同級生』が2億円突破!傑作BLの出演声優は?

      2016/05/10

傑作BL漫画の『同級生』動員12万人&興行収益2億突破!!

package☆『同級生』ってどんな作品??☆

『同級生』は、中村明日美子さん原作で、BLアンソロジーコミック誌『OPERA』で2006年7月号〜2007年7月号まで連載され、あれよあれよという間に絶大な人気を博した作品です。
その後は、『同級生』の続編にあたる『卒業生-冬-』、『卒業生-春-』、サブキャラクターがメインのスピンオフ作品『空と原』、更にオムニバス形式の続編『O.B.』が書籍として発売されました。

『同級生』の単行本が発売された後に、『同級生』『卒業生』『空と原』『O.B』CDドラマが発売されました。

発売された書籍が全部CDドラマになるって・・・すごいことですよね。
昨今のBL人気だけでは説明できない魅力がある作品のようです。

映画は2月14日に先行上映され、ミニシアター中心の公開だったのにも関わらず、4月3日現在の動員は12万人、そして興行収益は2億円超え!!

人気が爆発し、新たな映画館でも公開されることになりました〜

<スポンサーリンク>

☆どんなストーリーなの?☆

合唱祭前の音楽の授業中、同級生でメガネの優等生・佐条利人が歌っていないことに気付いた草壁光。 佐条は歌なんかくだらないのかと思っていたが、ある日の放課後、だれもいない教室でひたむきに歌の練習をする彼の後ろ姿を目にした草壁は思わず声をかける……。(原作掲載あらすじより)

とっても爽やかな作品のようです。
『BL作品』の不思議なところですが、『男と男』ってリアルに考えると意外と「濃い」イメージなように感じるのですが、偏見をはずして読んでみると、爽やかに描かれていたり、性への苦悩・葛藤などを上手く取り入れている作品が多いですよね。

偏見なく、「良いものは良い」、「面白いものは面白い」、「たまらんものはたまらん」

ということ!!・・・ですよね??^^;

さてさて、そんな作品をより立体的していくには、やはり「声優」さんの声とお芝居でしょう。

☆『同級生』のキャストは?鉄板でしょ!!☆

▽『同級生』〜Cast〜▽

草壁光(くさかべ ひかる)
声 - 神谷浩史

佐条利人(さじょう りひと)
声 - 野島健児

原学(はら まなぶ)
声 - 石川英郎

青砥空乃(あおと そらの)
声 - 福山潤

有坂悟志(ありさか さとし)
声 - 飛田展男

コマツ
声 - 山中真尋

佐野響(さの ひびき)
声 - 小野友樹

引用元:Wikipedia

あ、これ鉄板だ(笑)
男の私でもこのキャストは「おお〜」って思っちゃいました。
野島さん・神谷さんが主役とのことですが、名バイプレイヤーの飛田さんや、どんな役でも達者にこなし手元に引き寄せる福山さんや石川さん等々、とっても良い意味で安心してみれるんじゃないでしょうか??

☆まとめ☆

BL作品としての人気だけではなく、作品の純粋な評価がここまでの動員に繋がった当作品。

公式サイトを見るだけでもその雰囲気の一端が垣間みれるのではないでしょうか??

↓『同級生』公式サイト↓
www.dou-kyu-sei.com/blu-ray/

それでは〜

<スポンサーリンク>

 - 映画・舞台・芸術, アニメ・声優・漫画・BL