クロちゃん救出企画ツイッターまとめ!水曜日のダウンタウンが謝罪?

   

クロちゃん

クロちゃんに何が起きた?水曜日のダウンタウンで軟禁?

およそ20年前に「電波少年」という番組がありました。

現在のバラエティ番組は少なからず電波少年に多大な影響を受けています。

日テレで放送され、

日曜22時半「電波少年」・23時「ガキの使い」

と、翌日学校・会社に行く前の日曜最後の楽しみだった方も多いのではないでしょうか?

 

アポ無し突撃取材・無名芸人のヒッチハイク旅なんかが有名で、

当時無名のお笑いコンビ「猿岩石」のヨーロッパ横断ヒッチハイク旅は社会現象にまでなりました。

あの当時だから出来た番組でしたが、当時でも「行き過ぎ」はしばしば話題に挙っていました。

『お笑いと倫理』というのは時として、相反する事もあるでしょうから、

善し悪し等の解釈は時代や状況によって変わるのかも知れません。

 

しかし、「如何考えても行き過ぎでしょ?」って事は別ですよね?

 

今回の騒動は明らかに「行き過ぎ」だと思います。

<スポンサーリンク>

水曜日のダウンタウンは31日の夕方から
「クロちゃん、どこかに閉じ込められてもTwitterさえあれば助けてもらえる説」と題した企画を実施。
お笑いトリオ「安田大サーカス」のクロちゃん(39)をとあるマンションに閉じ込めました。

結局31日のうちにクロちゃんは“救出”されず。
「下手したら、警察沙汰じゃないでしょうか?」「『あっここじゃね?』って不確かな住所をTLに流してくるのとかすごく恐ろしい」と企画に関して心配する声もツイッター上で挙がっていたが、
同番組のツイッターが「開始以来数多くの誤情報により、関係のない一般の方にご迷惑をおかけする事態が発生しております。この状況を重く受け止め、この時点をもって企画を中止・終了させて頂きます」と中止を発表。「ご迷惑をおかけした皆様、並びに企画にご参加頂いた方々に深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

引用:YAHOOニュース ※一部抜粋

 

何を如何考えても行き過ぎです。

下手したら警察沙汰になっていたでしょうし、全く関係ない方にもご迷惑もかけていた事でしょう。

 

今回の件を、本人のツイッター・番組のツイッターを時系列で纏めてみました。

 

<スポンサーリンク>

行き過ぎた企画の一旦が垣間見えます

昔の電波少年みたいです^^;

ここで漸く番組からの説明が

 

そして情報が錯綜して大混乱していきます。

 

挙げ句に個人情報までツイートする番組サイド

 

今日は・・・?最早軟禁じゃない??って騒然になります。

 

で、最後はクロちゃんがスタッフによって解放されます

 

ツイッターでの救出ゲーム・・・というのは面白い発想だと思いますが、

芸能人を使い、不特定多数を巻き込んで行ったらどうなるかなんて企画する前にわかっていたと思うのですがね。

誰かちゃんと止められる『大人』はいなかったのでしょうか?

番組内で謝罪が有るとは思いますが、なんともお粗末な話です。

<スポンサーリンク>

 - TV・ドラマ・CM, 事件・事故・社会問題