新名神高速道路・大阪府箕面市で橋桁仮受け台落下!地図で場所や詳細を確認!

   

大阪府箕面市下止々呂美で落下!

橋桁落下

 

新名神高速道路の建設工事といえば、

4月22日に神戸市北区の作業現場で、
橋桁が落下・作業員10人を巻き込んだ事故があったばかりですよね。

大きな事故だったので、鮮明に覚えていますが、

それを思い出させるような事故がおきました。

 

橋桁の仮受け台が落下

したとのこと。

 

一体どういうことなのでしょうか?

<スポンサーリンク>

 

19日午前9時55分ごろ、
大阪府箕面市下止々呂美の新名神高速道路の工事現場で、
橋桁を支えている仮受け台が崩れ、
現場の下を通る箕面有料道路をふさいだ。

府警箕面署などによる、
巻き込まれた車両はなく、けが人はいないという。

引用:YAHOOニュース

幸いけが人はいなかったとのことですが、

新名神高速道路での落下事故はこれで2度目ですよね?

 

今回落下した場所は

事故現場は

大阪府箕面市下止々呂美

という場所です。
大阪府箕面市下止々呂美

 

下を走っている箕面有料道路の10メートルほど上に橋を架ける作業をしていたのですが、

橋桁を支える仮受け台が崩落したとのことです。

 

施行会社は

橋りょう施工会社「IHIインフラシステム」

前回の落下事故とは別会社です。

 

報道によりますと

18日夜まで、仮受け台に橋桁を乗せ、連結する作業をしていた。
19日午前8時ごろから、仮受け台を解体する作業を始めていた。
仮受け台は「ベント」と呼ばれ、
1基2メートル前後のものを積み上げる形で橋桁を支えていたが、
そのベントが崩落した

 

とのこと。

 

崩落原因などは現在調査中とのことですが、

 

何故このような事故が起きてしまったのか、

本当に気になります。

 

世間の反応も、

 

皆さんの意見としても

やっぱりまた起きたか・・・

 

といった感じでしたね。

 

充分に安全作業をされているとは思うのですが、

このような崩落・落下事故が立て続けに起こった以上、

抜本的な見直しも必要なのではないでしょうか?

<スポンサーリンク>

 - 事件・事故・社会問題